2013.09.16

OFでUIのモックを作る。

タイトル通りなぜかOFでやる。地味にボタンクラス作っています。
flashなんて今更勉強する気にならないし、OFなら導入しやすいしいうことで、


20130916_232126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.16

Xcodeでglewを使う。

OpenFrameworksを学ぶつもりが、C++を学んでいる。processingの時と同じ元からやるという流れ。良いのか悪いのか。時間が掛かる。

OpenFrameworksには始めから全て用意されているので簡単なのだが、C++でOpenGLを使うためには、GLUTなどが機能拡張のライブラリ?が必要なようだ。
その、GLUTはもとからインストールされているようで、Frameworkを適用するだけで問題なかった。

しかし、GLSLを使うとなると、GLEW(グリュー?)が必要らしい。

The OpenGL Extension Wrangler Library GLEW

まずは、上記のサイトから最新版をダウンロードする。
解凍して、"glew-1.10.0"というフォルダが出来る。
これを、ターミナルで、"make all"する。


???


make all ? 必要なファイルを生成するってことかな?
javaとかと比べてC++はこういうところが敷居高い。
解凍フォルダをHDD/システムフォルダ/ライブラリに移す。
場所についてはどこでもいい様子。
ターミナルで移したディレクトリ移動。移動コマンドは"cd"らしい。
"cd/System/Library/glew-1.10.0"で、ずっとエラー。????
正解は、
"cd /System/Library/glew-1.10.0"


cdの後に半角スペース。こういうのが地味にやる気をそぐ。
ぐぐぐぅ。。。。


移動したら、"sudo make install"

これで、libフォルダにlibGLEW.dylibが出来る。
そしたら、今度はXcodeで、解凍したglew-1.10.0フォルダ内のインクルードディレクトリをプロジェクトのヘッダ検索パスに登録する。

20130815_232632


とりあえず、エラーは出なくなったけど、、、これでいいのかな?


以下、参考リンク

一連の流れ
macでglew

GLEWダウンロードサイト
GLEW: The OpenGL Extension Wrangler Library

Xcodeプロジェクトにヘッダーファイルのパスを追加する
ICT Fractal 公式 blog



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.14

openFrameworksを始めました。

久しぶりの投稿。

Blogは長文書けるから、なかなかFaceBookに完全移行できません。

はい。今回のメモは、以下の環境下でopenFrameworksを始めるために行ったことを記録します。



MacBook Pro retina
OSX10.8
Xcode 4

openFrameworks 0071


まず、必要なのは、openFrameworksとXcode。
以下からダウンロードします。

openFrameworks
Xcode


Xcodeについては、Developer 登録が必要で、Apple IDも必要。お金もとられたような記憶がある。
ダウンロードしたXcodeでopenFrameworksのサンプルを開くと、コンパイルできませんでした。みたいなことを言われる。


この件については、以下の記事が詳しい。

メモ – Mac OS X 10.8 Mountain Lionで、openFrameworks v0071をビルドする - yoppa.org

簡単にすると、openFrameworksはMacOSX10.6.sdkでないとビルドできないらしい。
しかし、Xcode 4にはMacOSX10.6.sdkがないので、勇士があげたMacOSX10.6.sdkをダウンロードして、XcodeのSDKsフォルダに入れよ!といううもの。

それで完了かと思いきや、Command Line Toolsをダウンロードしないといけないので、これまた失敗するのだった。
Command Line Toolsについては、以下の記事が詳しい。

XcodeのCommand Line Tools - なんてこったいブログ

簡単に記載すると、Preferences画面のDownloadsタブから手動でインストールするようだ。
で、これらの準備が整い、晴れて、openFrameworksを使うことができる。
ただ、古い書籍を参照している場合、テンプレートをインストールせよとある。
記事最下層の書籍を購入し、使っているが、記事中のURLに行ってもテンプレートは無かった。
今は、テンプレートは無く、新規ファイルを作成する場合、以下を使うようだ。

openFrameworks/of_0071_osx_release/examples/empty/emptyExample/emptyExample.xcodeproj


これは、まぁ、空のファイル。

こんな感じ。以上!!


Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門 Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門
プログラミング未経験者からより強力なインタラクション開発環境を求めているProcessing・Flashなどのユーザーを対象に、C++のフレームワークopenFrameworksの初歩~高度な応用までを実践的に解説。openFrameworks開発者Zachary Liebermanによる読者へのメッセージ、The Graffiti Research Lab・真鍋大度・市川創太のインタビューを収録。


| | コメント (0) | トラックバック (0)