2016.11.10

新しいシンセサイザーのスケッチ

Fxwave_001

関数ベースのシンセサイザのスケッチ。
Jomox Resonator Neuroniumぐらい無茶苦茶な音が出せたらいいなぁと、企画。
音系のコードにjsでは遅そうな気がするけれど、、、





試行錯誤してできたはいいが、なんだか気が重い。

イギリスのEU離脱宣言から、小池都知事、そして、トランプ大統領。
それまでの文脈からしてトランプさんが選ばれるのも想像できるけれど、やはり不安になってしまう。
yahooニュースやいろいろなところのコメント蘭に「核武装」という過激な言葉が見て取れる。能天気に潔癖なこと言えない時代になるかもしれない。
今の時代「反逆」の言葉は耳触りが良くてすごく甘いけど、引き返せないところに行くかもしれない。。。ただ、それが今の文脈だと改めて感じた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.01

シンセを作った

スクリーンショット 2016-11-01 1.25.00

軽い気持ちでカーブの関数から波形が作れるんじゃないか?との思いつきから、コードとUIデザインを起こして、加算合成のシンセまでつくってしまった。

やはり、波形を作ったならば、それをシンセで鳴らすところまでプログラムできるソフトウェアがいい。

ますます、実装できない範囲になってきた。

保存保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.29

Elektron MONOMACHINE ユーザー波形アップロードやり方メモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.25

Elektron MONO MACHINE にユーザー波形をアップして使う

javascriptで波形を作り、MAX MSPで加工して、ついにMONOMACHINEにアップして使うまでたどり着いた。
結果として、今回の作業はMONOMACHINEに波形をアップして使うセクションが一番しんどかった。
1,2時間はやり方を調べるのに使ったはずだ。

さて、順を追って記録していこう。

まず、MIDIでMONOMACHINEとMACがつながっていること、
それからMONOMACHINEの準備を始める。

1.
GLOBALメニューに入る

Mono_001

2.
バンクに入り、空のスロットに新しいバンクを作り。ロードする。

Mono_002

Mono_003

Mono_004

3.
次に、DIGIPRO MGRに入る。すでにプリセット64個満杯にが入っているので、上書きするどれかを選んで「RECEIUE」を選択して、「WAITING」状態にする。
ちなみに、01番はテストでsendしたユーザー波形で、「01」の前に「u」が付いている。

Mono_005

Mono_006

4.
C6に任意のファイルを入れ、「DIGIPRO」ボタンを押してデータ形式を変える。

001_2

5.
「config」ボタン押下して、MIDIを選ぶ。

002

003

6.
「send」押下してデータを転送する。

004

6.
WAITINGが消え、違う表示になったら、send完了

Mono_007_next_2

Mono_008

7.
ユーザー波形を選択するために、「KIT」の「EDIT」から「DPRO」-「DDRW」を選択。
音色EDITの「SYNTHESIS」で「WEV1」、「WEV2」項目から任意のsendしたユーザー波形が選べる。

Mono_009

Mono_010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.02

Elektron Monomachine

DSC_7975




先日購入したMachinedrumの隣にあるのは、こちらも特別価格になっていたMonomachine。
双方、若干操作方法に違いがあるものの、噂どうりよくできた製品。
取説のイントロダクションを読むと、製品に自信があることが伺えて羨ましい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.26

Elektron

DSC_7974



15年の長きにわたる製品生命を終えたElektronのMachinedrum。その最終ロットがスペシャル価格になっていたので、記念に購入した。
音楽制作はとうの昔に止めたのですが、素晴らしいプロダクトデザイン、システム、コンセプトに買わずにはいられなかった。

仕事でこう言った製品に携わりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.17

SOUND+VISUAL_20130114 に出演してきました



今回も呼んでいただき、VJとして参加しました。
またまた課題が分かったので、次回に向けて精進します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.20

意志

20110720_220835



音楽と映像が与える影響は、それぞれ毛色が違う。
欲張って音楽でも意志を表現しようと考える。でも、映像とはまた勝手が違う。それに生成方法が映像によるとしているために、それがネックとなる。
Logicなど使うとものの5分で複雑なループが作れる。しかも高音質だし、

産みの苦しみ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.26

Octatrack - A Machine That Makes Music?



プロトタイプの配色の方がかっこよかった、
ライブパフォーマンスの事考えて反転させたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧