2016.11.20

今年の白菜はかつてない美味さ。

DSC_8087

DSC_8090

昨年の暖冬と打って変わって、秋があっという間に終わり寒くなっているこの頃、
白菜は一つ600円の高値を記録している。
例年と同じく、8月15日に種まきを行い、良い株に生育させることができたものの、
寒さが一気にやってきたおかげで、生育は乏しく、小ぶりで、身の詰まりは遅い。
しかしながら、味は驚くほど、甘く、うまい!!
今日も4度目くらいの、もっとも味のわかる漬物に仕立てた。
もう、箸が止まらないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.11

ジャガイモ発芽

3月16日に植え付けたジャガイモの発芽を確認。例年通り。
数個まだ発芽していない様子。

他の花や、野菜も例年通り。イチゴだけはいい場所に植え替えたので、大きい株になり、すでに花が咲いている。

Dvc00001

Dvc00007

Dvc00010

Dvc00011

Dvc00012

Dvc00013

畑仕事の最後に、先日購入したテントを試し張りしてみた。
アライテントのエアライズより軽い耐風性の高いモデルを探して、熟慮の末、イギリスのメーカであるテラノバ社のテントを購入した。
1ポールの特殊な形状で、反自立。ペグ数は6。前室は十分な広さがあり、この点がエアライズよりかなり優れている。張る面積はその分大きい。
収納袋は大きめのもので一つ。これはきっと網の袋に変えてしまうだろう。
あと、初めて税関から赤札を受けた。いやはや、ショック。

Dvc00014

Dvc00018

Dvc00022

Dvc00016

Img_0814

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.12

ジャガイモ植え

今年で7年となる畑ですが、長くやってくるといつ何をやるかというのが決まります。
今週はジャガイモの植え付けですので、先週は冬野菜の撤去をしました。(先週の写真↓)

 

Dvc00040

Dvc00041

体幹トレーニングをしているからかもしれませんが、まんのうの使い方も上手くなったように感じます。
耕したのは1年ぶりで、この時期しかしなくなりました。そんなに耕すことって、必要ないんですよね。
今年耕して気づいたことは、ミミズの多さです。彼らがいるというのは心強いものです。


そして、今日、北側に2本溝を切り、種ジャガイモを植え付けました。
配置は交互で、17個。購入は確か例年通り500g。250円だったかな。種類はもちろんアンデスレッド。
そのうち、2つだけ大きかったので、焚き火をして灰を作り、2つにカットしました。

Dvc00046

少々広いのですが、アンデスレッドは葉の成長が良いのでこれぐらい必要です。


Dvc00047

南側には先週撤去して乾かしておいた赤ネギを一列植え付けました。 今回はだいぶ深く溝を切ったつもりです。また、間隔も密にしています。今年のネギは太く育てられなかったので、少し工夫が必要かもしれません。

花壇にはクロッカスが咲いていました。
クロッカスは可愛いので好きなのですが、切り花には向きません。一つだけ持ち帰りましたが短いのですよね。例年畑にいるとき楽しむ花です。

Dvc00048

Dvc00049




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.30

秋野菜の季節

組み合わせや、連作など兎角難しい野菜作りですが、一年の良いサイクルを編み出しました。
例年では、春にジャガイモを作付けした後、秋の白菜まで畑が遊んでいたのですが、今年はそこにスイカを作付けしたところ、合計で7球、大きいもので9.5kgの収穫となりました。
この、春ジャガイモ、夏スイカ、秋白菜のサイクルは、根、実、葉とそれぞれ違う部分の成長を目的とするので、土壌に必要とされる栄養素のバランスがいいのかもしれません。

Img_0785

今日の畑

_dsc0026

_dsc0029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.21

今日の収穫

_DSC0063

_DSC0046

_DSC0052

_DSC0055

_DSC0057

_DSC0061

_DSC0062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.14

ジャガイモ試し掘り

例年以上に低コストで育てたジャガイモの試し堀をしました。
無肥料は数年前からですが、今年は種芋を2分割にし、浅植え、土寄せ一回と手間をかけていないのも関わらず、出来は例年通りで味もピカイチ。
満足の出来となりました。



_dsc0028

_dsc0030

_dsc0034

_dsc0036

_dsc0039

_dsc0040

_dsc0042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.31

2015年 ジャガイモ

今年のジャガイモには例年通り、アンデスレッドを使いました。
いつもは、このアンデスレッドと、もう一種を購入し、2列体制でやるのだけども、アンデスレッドが特別美味しいことから、もう一種は不評となる。(不味くはないのだけど。。。)

そんなことなので、今年はアンデスレッドだけにして、しかも購入数は500g。すなわち一列分だけとした。それを半分に分割し、2列にしたのだけども、このような生育状況だ。
肥料も与えていないのに。土があっているのか、M体質なのか。

_dsc0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.12

ジャガイモの発芽

Dvc00003




Dvc00004




2週間ぶりの畑。
3月14日に植えたジャガイモの発芽を確認。
例年よりだいぶ早くに植えた。
地元の老人曰く、3月14日がこの地のジャガイモ植え付け適正日だとか。

おっしゃるっとおり、霜にやられることもなく、元気に発芽している。

なお、種イモは例年の半分の量で、(500g)しかも小さいものだったが、二等分して灰をつけている。
発芽していないものは1つか2つ。
小さくても分割できるようだ。収穫時の量で最終的に判断して、来季の方法を決める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.17

今日の畑



今年二回目の漬物にするために白菜を五つ収穫しました。残りは十個。
ちょっと作りすぎたようです。
春までに消化できるだろうか?




収穫したての白菜です。外葉を縄で巻いて防寒しています。
今年はさほど寒くないのであんまり凍っていませんね。




剥いちゃうとこんな感じ、手で外葉を開き、ナイフで落とすのですが、真冬の白菜は瑞々しくって、汁が飛び散ります。たくさんの水を蓄え春を待っているようです。食べてごめんよ。




我が畑の農夫です。彼らが害虫を適度に駆除してくれます。植え付けたら収穫はその9割ほどになりますが、彼らがいるおかげでそれ以上ひどくならないようです。
彼らのことを考えると殺虫剤は使えないね。
白菜の中で冬眠しているところを起こしてしまいました。




期待していた綿です。フワフワした綿が開く予定でしたが、残念。
植え付けが遅かったのかな?




種はできていました。花壇に巻いておくことにしました。




イチゴです。今年も元気に冬を越しています。
ほぼ自生していると言っていいと思います。
実は残念ながら一度も食べたことがありません。誰かがいつの間にか食べてるんだよね。
羽の生えたやつか、毛むくじゃらなやつか、美味しいかどうか聞いてみたいよ。




玉ねぎ、霜に負けずに頑張って生きています。夜盗虫にやられて2,3株失いました。まぁ、彼らの生活を侵害しているのは僕だから見つけても遠くの草むらに投げるだけです。




にんにくです。生育に差があります。今年は失敗しているかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.02

白菜の防虫ネット撤去

Img_0412_s

2種類を畝別に植えている今年の白菜。どちらも漬物用の黄芯タイプ。
南側の方が防虫ネットに触れてきたので、撤去とした。
南側には、昨年カヤを入れたのだが、それが影響したのか、種の違いか、不明。
というか、種の区別がすでにつかない。毎年、売ってる種を買うから。
記録して指名買いをすればいいのだけど。ゆるい家庭菜園だからなぁ。来年になったら忘れそうだ。

* * *

隣の区画が更地になり、空いたことを知った。契約していた人はズボラな印象で、2区画も借りていた。
これがだいたい続かない家庭菜園のパターン。
几帳面ではない人が、広い区画を借りてしまう。
家庭菜園の現実は非常に辛い肉体労働と、消費しきれない野菜たち。
この2つに問題にどう取り組むか。

白菜はもっと株間を詰められるが、そんなに作ってもウチでは、一冬に消費しきれない。
収穫計画は、時期、量、を天候に左右されながら目的値近づける。
白菜の場合、11月下旬から2月まで畑で貯蔵できるから、その間に消費できる数が目的収穫値となる。
たくさん作ればいいのではない。なかなか難しい家庭菜園。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧