« サンプル用シーケンサ2 | トップページ | 朝日連峰&飯豊連峰連続縦走 4日目 朝日連邦下山そして飯豊連峰へ »

2016.10.22

朝日連峰&飯豊連峰連続縦走 3日目 朝日岳へ

070

072

074

3時30分起床。日の出は4時45分ごろだった。
次第に明るくなる空。同宿者と「月山がよく見えるね」と言葉を交わす。その奥にかすかに鳥海山も見える。
女性の2人パーティーは以東岳をピストンするそうで、日の出前に小屋を出た。他の男性2人は今日山を降りるそうで続いて出発していった。
5時50分ごろ管理人さんに挨拶をして今日の目的地、朝日岳へ出発。

075

実は昨日の以東岳直下のガレ場で、右足を捻挫していた。
歩くことはできたのだが、この先足の状態がどのようになるか想像できないでいた。
朝日岳からの下山は平岩山を経由して五味沢に出るアスファルトの長いルート。
目的地のバス停発車時刻は1時36分で、到着予想時刻は12時半だった。
朝日岳から下山し、予定通り1時36分にバス停にたどり着けるだろうか?
今日中に朝日岳からの下山ルート上にある角楢小屋まで進む方が安全ではないか?
下山日に足の状態が悪化でもしたら、まずバスに乗ることは不可能だろう。そうしたら予定が狂ってしまう。

077

山旅にはトラブルがつきものだ。捻挫の経験は今まで一度もなかったが、歩けないほどではない。このまま安静にしていれば、明後日の下山時は良くなっているかもしれない。そう思い、当初の予定通り朝日岳を目的として今日もゆっくりと歩き出した。

078

心の中には次の飯豊連峰のことがあって、何としても行きたい気持ちが強かった。
そうして、狐穴小屋からすぐのピークをゆっくりと登りきると、右手方面にその飯豊連峰の姿が見え、ハッとする、「飯豊連峰だ!」

079

そして前方は尖った山頂が印象的な朝日岳。

080

081

082

084

寒江山あたりはお花畑が広がっていた

088

094

096

095

竜門小屋にて小休憩。
この先、ビールは売っていないとのこと、
山でお酒は飲まないので、問題なし。

098

103

104

尖った大朝日岳がだいぶ近づいてきた。気持ちは高鳴るが、ここからが遠かった。。。

109

110

111

距離は短いはずなのに、暑さにやられ、水場の分岐ごろにはだいぶへばってしまった。
それでも、以東岳からの景色とは違う細かいピークが見せる山の変化と、常に右側に見える飯豊連峰が勇気づけてくれて、なんとかここまでたどり着くことができた。

115

113

もちろん分岐で荷物をデポして、水場へと行く。
この「金玉水」は痺れるぐらい冷たくて、この水で体を拭いたら一気に疲れが吹き飛んだ。 もちろん、この上なくうまい!!

116

118

117

119

120

12時丁度ぐらいに小屋に着き、まったりと時を過ごす。
水場から、地味に辛かった登りを写真に収めたり、外で夕食をとりながら、谷底を眺めていた。
昨日の静かな小屋と打って変わって、今日は満杯で、ロフトも使用するぐらい人、人、人。
6、70cmぐらいしか幅のないスペースで寝ることとなった。
こいったのが嫌で、テント泊をするのだけど、以外に数時間で慣れるものだ。
夜中、ずっと、足元の人と、足が重なっていたのだけど、気にするのは初めだけ。疲れて、すぐに忘れてしまうのだ。
闇に包まれたイビキでうるさい室内から小さな窓越しに満天の星空を見つめる。
捻挫した足も悪化していない。明日は4時に出れば、問題ないだろう。。。

|

« サンプル用シーケンサ2 | トップページ | 朝日連峰&飯豊連峰連続縦走 4日目 朝日連邦下山そして飯豊連峰へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/64192027

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日連峰&飯豊連峰連続縦走 3日目 朝日岳へ:

« サンプル用シーケンサ2 | トップページ | 朝日連峰&飯豊連峰連続縦走 4日目 朝日連邦下山そして飯豊連峰へ »