« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016.01.31

ハイキングの調理システム

軽量化を重視しつつ、燃料がなくなった時のことを考えて焚き火台を持っていくと安心感が増す。
普段は五徳に使っておいて無駄にはならないし、
悩むのは燃料を固形か、アルコールどちらにするかだ。
この燃料選択には答えが見出せないでいる。
今日、それぞれで湯沸かしを試してみたところ、アルコールの方が圧倒的に火力と燃費が良く、優れているように思えた。
ラーメンの具材を入れたところで、衰えない火力は魅力だ。
ただ、やっぱりかさばるね、固形燃料の方がシンプルだ。

_dsc0033

_dsc0035

_dsc0037

_dsc0040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.23

illustrator javascript 複数ページのテンプレートを自動生成

早く帰りたいので、単純作業は極力やりたくありません。
しかしながら、UIの仕様に関しては、なかなか決まらないこともたまにあり、提案資料を何度か作ることがあります。
仕事の内容を分析してみると、

1、デザイン
2、提案
3、納品

大きくこのようになります。
納品時にも、仕様を技術者に説明するための資料や、デザイン再現性の折半に提案資料を作ることがあります。
これらの業務をほぼillustrator一つで完結できるよう心がけています。
しかし、illustratorのアートボードは複数のページを持った書類を作るために存在するのではなく、
様々な形式の書類をまとめてデザインするための機能という位置付けだとかで、
ページ番号の自動割り当て等の機能はありません。(見つけられなかった。)

今までは、すべてのアートボードにペーストを使っていたのですが、番号は自分で書き換えなければなりません。高度なプロ向けソフトでは、デザインに言及する部分が多岐にわたり、ページ数が増大します。
つい先日、60ページを越す資料を作成した際、もう2度とやらない。そう決めました。

そして作成したのが、以下です。



以下のようなオブジェクトをアートボードに自動生成してくれます。

Doc



ドキュメントの新規作成は自分でやる必要があり、
枚数、プロジェクタのサイズを調べて、画角を決めます。

001



jsxを実行すると、レイヤーを自動生成して、オブジェクトを入れてくれます。

002

003



早く帰ろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.19

illustrator cc2015 オブジェクトごとにPNG書き出し。

月額随時更新サービスになってから所々バグが発見されるイラレですが、それでも使わなければ仕事になりません。

今回は、久しぶりに画像パーツを納品する必要があって、切り出しというつまらない作業をすることとなったのですが、パーツ点数が約160個と微妙に手作業範囲内だったので、イラレの既存機能を使用することにしました。

素材は正方形をソフト側で9分割に抽出してくれるシステムなので状態別にパーツを所定の間隔で並べました。その上に切り出し範囲の矩形を敷いて、

オブジェクト>スライス>作成

と自動スライス作成すると、160個の矩形をしっかりトレースしてくれません。
最後の方にどうしてもずれてしまいます。
仕方ないので、スライスの編集ツールがあるはずだということで、ツールバーのスライスアイコンを長押ししても、格納されているアイコンは出ず。。。

このように、

(1)スライス精度が悪い。
(2)ツールバーの追加機能が出ず、スライスの編集ができない。(Windows版のみ確認)

二つのバグによって簡単にできる思惑は崩れてしまいました。
(後、有益なエクステンションもcc2015に対応してなくて手詰まり感。)
仕方がないので、いつもの通り作ったのが、下記になります。
切り出し領域をのちに変更する可能性があることから、切り出し範囲指定ように「area」レイヤーを必要としています。そこに任意の範囲の矩形を敷くわけですが、切り出し名はその矩形のオブジェクト名を参照するようにしています。注意点としては、実行前にareaレイヤーは非表示にしておくことです。
便利な点は範囲の重なりができること、個別と、全体が一度にできます。範囲指定を別にしている利点ですね。

個別出しの参考に下記のサイトを見ました。

[Illustrator] JavaScriptで指定した領域をエクスポートする

アートボードの範囲しか書き出せないのは融通がきかないですね。。。

このような、月額制サービスですが、意外に歴史は古く、最盛期のCTで、GEが開発したサービスのようです。(初かどうかは??)確かに2,3億の機器が頻繁に機種変されたら困る話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.03

初登り

20160102

Dvc00053

Dvc00056

Dvc00059

Dvc00062

Dvc00064

Dvc00066

Dvc00070

今年の初登りは破線ルートを目指して大築山、小築山の尾根に向かった。
通常は北上ルートをとるので白石峠から南を目指すのが新鮮な気分だった。
大野峠手前までは車道だったが、その後は刈場坂峠まで明るい尾根道を気持ち良く歩いたり走ったりする。 ちょうど行動時間が2時間経った頃、お腹が空いて、チョココロネを食す。美味い!!
飯盛峠に着くと、旧飯盛山まで行かずに道標脇のガードレールから大平尾根に接続できる。
新し目のオフ車の轍が深くついており、足のやり場に困る。気をつけながら駆け下りると一旦車道に接続するが、すぐに復帰できる。
飯盛峠からは地理院地図を見ていたが、このような復帰ルートはなく、山と高原地図には書かれていた。
復帰後、しばらくすると分岐が現れる。その手前で小ピークを南側にそれるのだけど境界通り標高点・683に行こうかと思うが、何かの糞の山に出くわし怖くなってルートに復帰した。
まさかこの山域で熊はいないだろうけど・・・。
分岐を左に進むと大築山までの尾根道となる。
左折後すぐ地理院地図では尾根の東側を通過しているが、実際のルートは境界線をたどっている。そのまま直進することもできるが、急登手前で地理院地図通りのルートに右折できる。ここは直進への踏み跡が強く、間違うところだ。でも、ちょっと先で合流しているから直進でも問題なかった。
その後、境界線から離れ、尾根を南東に巻く。馬場、硯水と、ここが下り道で非常に気持ち良く走れたが、作業道が多く、一度間違ってしまう。猿岩峠まで左折しかしないと考えていると間違うことになる。
ここは親切な黄色テープを頼りにするといい。
大築山手前に見晴台があり、今来た尾根と大平尾根を見返すことができる。
大築山には名の由来が書かれた標があり、正面にその目標である慈光寺を眺めることができる。
ここから戦略を立てたのかな。
小築山はモミの大木がいくつか林立している。この植林地では珍しい。
小築山からは目的の破線ルートだが、拍子抜けした。ただの登山道だった。なんの問題もなく車道まで駆け抜けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.02

登り納め

Dvc00047

Dvc00029

Dvc00032

Dvc00033

Dvc00035

Dvc00052

2015年12月30日
30kmコース。
霜柱を踏みしめながら冷たい空気を吸い込む。
刺すような空気がどこまでも透明で、スカイツリーがくっきりと見えていた。
おかしなことに、都心のビル群の先に陸地が見えた。
東京の先は海だろうに。。。もしかした伊豆半島??
自宅に帰ってGoogleMAPで調べてみると、なんと千葉。
まさか埼玉から千葉が見えるとは思いもしなくて、おかしなことを想像してしまった。
来年は読図と方向の確認を常にやると誓った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »