« 秋野菜の季節 | トップページ | new balance MR00 2足目 »

2015.08.31

processing 2 でマスク出来ない問題を回避する。

マスクを使ってPGraphicsの内容をくりぬいて使用する

上記サイトにあるように、processingにてマスク処理を行う過程で、ハマったので、メモしておく。
環境はWindows7 processing2

上記サイトの記事のサンプルを、そのままprocessingで実行してもマスクされない。

原因は分からず、海外の掲示板で解決策を発見。
最後の2行に、
pg.mask(mask);
image(pg, 0, 0);
とあるが、どうやら、PGraphicsにマスクが掛けられない模様。
PGraphicsをPImageに変更してやると、問題なくマスクすることができた。
コードは下記に記する。(コメントアウトしている最後の部分。)
ちなみに、processing3 MacではPImageにしなくても動いた。。。







|

« 秋野菜の季節 | トップページ | new balance MR00 2足目 »

processing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/62193641

この記事へのトラックバック一覧です: processing 2 でマスク出来ない問題を回避する。:

« 秋野菜の季節 | トップページ | new balance MR00 2足目 »