« ランニング 17km | トップページ | ビーフシチュー »

2015.02.14

帰り道 変わりゆく人と街



次の日が休みとなると、渋谷には向かわず、
骨董通りを歩いて青山通りに向かう。
その骨董通りは、モデル事務所でもあるのだろうか、
待ち針みたいな女の人と度々すれ違う。






非現実的な彼女たちを眺めるうちに、多くの車が行き交う青山通りに突き当たると、
青山学院の学生、若い会社員達が歩道で信号が変わるのを待っている。
そこで、表参道へ向けて右折する。






表参道の始まり。そこは高級なブランドの旗艦店が立ち並び、重厚な建築が格を競っている。
入り口には必ず黒服の男が立っていて、フラッとは入れないそんな雰囲気。
車道ではランボルギーニが不必要にエンジンを回して走り去る。
最近は外人と多くすれ違う。
日本人はお金持ちそうなカップルが多い。






表参道ヒルズ、GYRE間あたりはセンスのいい格好の若者が歩いている。
なにせ、マルタンマルジェラがあるし。






しかし、GYREを過ぎるとガラッと変わって、女子高生が非常に増える。
キャットストリートがあるからかな。






明治通りとの交差点で、そこにプレッピー系と言えばいいのか、タイトなスクエアスカートにシャツインのスエット、ピンクかイエローの蛍光色のボブにした女の子達が混ざる。
さすがにKENZOとかじゃない点で、ラフォーレがある場所柄を感じ、原宿までの上り坂を進む。






明治通りから原宿までの表参道は落ち着いていて、カットモデルを探す男の人が女の人を見定めしているぐらいで、すこし活気がないが、駅前に差し掛かるいつも行列のポップコーン屋さんから女子高生の濃度が再び上がる。夜でも竹下通りに用事があるのだろうか、
そして、駅に着いたら、アウトドアショップと、inov-8のショップを覗いて、何も買わないで、電車に乗るのがいつものコースだけど、今日はほぼ、裏道で行ったら、人も街も全く様相が変わったのである。
もっと新しい側面を発見できそうな予感がして、楽しみだ。

|

« ランニング 17km | トップページ | ビーフシチュー »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/61136044

この記事へのトラックバック一覧です: 帰り道 変わりゆく人と街:

« ランニング 17km | トップページ | ビーフシチュー »