« ビーフシチュー | トップページ | 目標達成 »

2015.02.22

東北復興の街をめぐる。

母の実家が気仙沼の近くにあることから、あの大震災は僕にとって重要な出来事だった。
幼少期は毎年帰省して、毎日のように小泉海岸や、岩井崎に行ったものだ。
大島の民宿に泊まったのもよく覚えいるし、唐桑半島では釣りをしてカレイ食べきれないほど釣ったものだ。


あの美しい記憶が、震災により、全て流されてしまったかと思うと、到底、その地には行くことができず、今に至っている。


そうして迎えた今年の年末、熊野古道を巡礼中、祖父から連絡があった。


「◯◯ちゃん(僕の名前。)遊びにおいで、久しぶりに会いたいなぁ。」


複雑な事情から、祖父は今、一人で暮らしている。
祖父は自らの行いから孤独に至ったようなものだが、僕にとっては、愛すべき祖父である。


「ゴールデンウィークには行けるよ、」


と、約束した。
ふとした、きっかけから思い出の地へと行くことになった。
変わり果てた光景を目にするのはどんな気持ちだろうか、
想像はまだできない。
行ってみなければわからないだろう。

僕は計画を立てた。
どうせなら、自らの足で彼の地を巡りたい。
幸い、復興の一環として、 みちのく潮風トレイルというロングトレイルが整備されつつある。
この道を気仙沼あたりから北上して、青森県立美術館まで行きたい。
どれほど、歩けるかはわからないが、行ってみよう。

|

« ビーフシチュー | トップページ | 目標達成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/61174559

この記事へのトラックバック一覧です: 東北復興の街をめぐる。:

« ビーフシチュー | トップページ | 目標達成 »