« 熊野古道を歩く | トップページ | 今朝の渋谷駅 再考 »

2015.01.06

今朝の渋谷駅

僕の周りでも批判の多い渋谷駅の構造。
安藤忠雄氏が設計したユニークな地下駅であるが、朝のラッシュは動線が複雑に交わり、人がぶつかり合う。
スマフォを落として割るのはよくある光景。なのだ。
デザイナーとして働く僕としては、簡単に批判に値するものとは思っていないのだが、
今朝、いつもと同じ電車で下車すると、島型ホームの対岸に東急からの電車がちょうど止まった。
つまり、電車2つ分の乗降客がホームにいる状態である。
で、僕と同じ電車には目の見えない男性が一人、大抵いつも乗っている。
朝は改札へと上がる階段は下り専用となり、上りはエスカレーターのみとなる。
ので、多くの人がそこへと殺到するのだ。
彼は今日、大分困惑したのだろう。一つ目のエスカレーターを上りきって折り返してもう一度エスカレーターに乗るのだが、そこは4列の上り下りが交互に並ぶエスカレーターだ。
その前に来て、自分が乗ろうとしているエスカレーターが下りと勘違いして引き返したのだ。

当然、混雑している人の列はつっかえてしまうので、
咄嗟に肩に手をあて、

「だいじょうぶですか、上りですよ。」

と声をかけると、落ち着いたようにエスカレーターに乗った。
僕は安藤忠雄がやろうとしたことを考えると、渋谷駅の建築構造に対して批判的になれない。
批判すべきは、こうして多くの人が集中する社会構造にあると思う。
ただ、それを目で見て感じ取れることのできない人にとっては、、、なんとも。。

仕事では常に新しいことに進む道へ、戦う選択をしているが、それが果たして本当に正しいのか、すこし考えさせられる出来事だったのである。

|

« 熊野古道を歩く | トップページ | 今朝の渋谷駅 再考 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/60933586

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の渋谷駅:

« 熊野古道を歩く | トップページ | 今朝の渋谷駅 再考 »