« 信越トレイルへ 2 | トップページ | 掃除は続かない。。。 »

2014.08.11

信越トレイルへ 番外編 : きっとヤツがいた。

これは、今思えばの話だが、

_dsc0051

万坂峠からトレイルに入った直後、

「なんかこの森、嫌だな…。」

そう直感した。

写真左奥の唐松林に入ろうかという辺りだ。

どうも生臭いんだ。いままでの森の空気ではない何かを感じる。

湿った森は、様々な微生物を育み、死を生の源とする。その過程で微かな臭いを出すけれども、そんな優しいものではなかった。

何か死臭のようなもので、それは強烈だった。

直感的に危機を感じたのか、深く考えず頭の片隅そのことを追いやって臭いのしない先へ進もうと決めた。

幸いして、いくらか登ると、普段の森の臭いにかわったので、すっとそのことについて忘れていたが、一日目の行程を記録する記事を書いていてふと、思い出したのだ。

あれは確実に、“ヤツ”だった。

黒いその姿を薮に隠し、やり過ごそうと此方を伺っていたのだろう。。。

もし僕が、気配を感じ追求していたら、ヤツは行動に出る他なかったに違いない。。





|

« 信越トレイルへ 2 | トップページ | 掃除は続かない。。。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/60131344

この記事へのトラックバック一覧です: 信越トレイルへ 番外編 : きっとヤツがいた。:

« 信越トレイルへ 2 | トップページ | 掃除は続かない。。。 »