« jsは馬鹿に出来ない。 | トップページ | ロングトレイルに憧れる »

2014.03.13

イラレで黄金角を使ってひまわりの種を描く

Fn_2

さくっと手短に書いた。
始めの一個が中心に近いのはなぜだろう?

最近は美しく強力なデザインを目指している。日本のソフトウェア開発レベルは非常に低いが、なんとかそれを覆したく、もう一つ上の次元を求めている。

/*

20140312

Fibonacci number

黄金描くで選択したオブジェクトを配置するコード

選択したオブジェクトを任意の回数コピペ配置する

    */

var GR = (1+Math.sqrt (5))/2;

var GA = (2*Math.PI)/(1+GR);//黄金角

var r,a = 0;

var num = 1000;//配置するオブジェクトの数

var sel = activeDocument.selection;

var w = sel[0].width;

var h = sel[0].height;

for(i=0; i<num; i++){

    var objXY = [];

    var dpObj = sel[0].duplicate();//選択オブジェクトをコピペ

 

    r = Math.sqrt (i+1)*w;

    a += GA;

 

    objXY = fibonacci(r,a);

    dpObj.translate(objXY[0],objXY[1]);//中心値から移動

    }

function fibonacci(distance, n){//距離と基準角を入力すると黄金角の位置を返す。

    var xy = [distance*Math.cos (GA+n), distance*Math.sin (GA+n)];

    return xy;

    }





|

« jsは馬鹿に出来ない。 | トップページ | ロングトレイルに憧れる »

javascript」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/59282813

この記事へのトラックバック一覧です: イラレで黄金角を使ってひまわりの種を描く:

« jsは馬鹿に出来ない。 | トップページ | ロングトレイルに憧れる »