« 2013秋冬野菜 播種 | トップページ | »

2013.08.16

Xcodeでglewを使う。

OpenFrameworksを学ぶつもりが、C++を学んでいる。processingの時と同じ元からやるという流れ。良いのか悪いのか。時間が掛かる。

OpenFrameworksには始めから全て用意されているので簡単なのだが、C++でOpenGLを使うためには、GLUTなどが機能拡張のライブラリ?が必要なようだ。
その、GLUTはもとからインストールされているようで、Frameworkを適用するだけで問題なかった。

しかし、GLSLを使うとなると、GLEW(グリュー?)が必要らしい。

The OpenGL Extension Wrangler Library GLEW

まずは、上記のサイトから最新版をダウンロードする。
解凍して、"glew-1.10.0"というフォルダが出来る。
これを、ターミナルで、"make all"する。


???


make all ? 必要なファイルを生成するってことかな?
javaとかと比べてC++はこういうところが敷居高い。
解凍フォルダをHDD/システムフォルダ/ライブラリに移す。
場所についてはどこでもいい様子。
ターミナルで移したディレクトリ移動。移動コマンドは"cd"らしい。
"cd/System/Library/glew-1.10.0"で、ずっとエラー。????
正解は、
"cd /System/Library/glew-1.10.0"


cdの後に半角スペース。こういうのが地味にやる気をそぐ。
ぐぐぐぅ。。。。


移動したら、"sudo make install"

これで、libフォルダにlibGLEW.dylibが出来る。
そしたら、今度はXcodeで、解凍したglew-1.10.0フォルダ内のインクルードディレクトリをプロジェクトのヘッダ検索パスに登録する。

20130815_232632


とりあえず、エラーは出なくなったけど、、、これでいいのかな?


以下、参考リンク

一連の流れ
macでglew

GLEWダウンロードサイト
GLEW: The OpenGL Extension Wrangler Library

Xcodeプロジェクトにヘッダーファイルのパスを追加する
ICT Fractal 公式 blog



|

« 2013秋冬野菜 播種 | トップページ | »

openFrameworks」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/57999819

この記事へのトラックバック一覧です: Xcodeでglewを使う。:

« 2013秋冬野菜 播種 | トップページ | »