« 44 | トップページ | 写真に対するアプローチ。 »

2013.05.07

ランドセン錠 スルピリド錠

腸炎らしき病気から、なかなか回復せず、目眩、吐き気、下痢がずっと続いたが、内科の医師は休むことが解決方法と説くのみ。

寝ても、起きてもつらく、動くにはフラフラし、平衡感覚が得られない。たまらず、心療内科にかかると、自律神経失調症と診断された。
業務と、VJのプログラムで毎日3時に寝ていれば不思議はない。
処方されたランドセン錠 スルピリド錠を夕食後に飲むと、数分後に後ろに引っ張られるような感覚があった。丁度、食器を洗っている最中だった。思わず声が出てしまった。
しばらくして、VJ次作の資料としてTwin Peaksを鑑賞すると、体が火照りだし、吐き気と目眩はうすれって行った。
精神に影響する薬の飲用は初めてなのだが、ずいぶん効くので少し恐ろしい。

|

« 44 | トップページ | 写真に対するアプローチ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/57333405

この記事へのトラックバック一覧です: ランドセン錠 スルピリド錠:

« 44 | トップページ | 写真に対するアプローチ。 »