« MacBook Pro Retina 速度テスト | トップページ | openFrameworksを始めました。 »

2012.07.22

オープンパッチ化

「Langford.class」をダウンロード

「lorenz_test003.maxpat」をダウンロード

Texturetest64_015_01


仕事で疲れてなかなか進まないから、誰か音の部分をブラッシュアップしてもらえないだろうか?
という事で、公開してみる。

以下、このプログラムのサンプル映像


|

« MacBook Pro Retina 速度テスト | トップページ | openFrameworksを始めました。 »

max msp jitter」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、Langford.classを記事に添付しました。
このクラスがパーティクルの位置演算を行います。

残念ながら、今のMAX6ではOpenGLのpointspriteの設定方法が変わったのか、パーティクルが表示されませんね。
ただ、マトリクスから波形は生成できるので音の部分はお楽しみいただけるかもしれません。
どうぞよろしく。

投稿: 管理人 | 2013.01.22 01時50分

体調すぐれない中、ご返答ありがとうございます!
見つかる事を祈りつつ、楽しみにお待ちしております。
寒い日が続いてます、くれぐれもご自愛ください。
宜しくお願い致します。

投稿: | 2013.01.19 15時13分

こんにちは、
お名前分かりませんが、コメントありがとうございます。
maxウインドウに出てくるのは、多分mxjが無いよと言っているのではないでしょうか?
それは、僕が作ったjavaのオブジェクトです。どちらか一つだけ演算のエンジンとして使っていたと記憶しています。

さて、そのオブジェクトですが、以前の環境からマシンを新しくしまして、あるかどうか探してみます。(動画に映っているマシンは壊れてしまいました。)
しかし、今、体調が悪いので、気長にお待ちください。長く待っても音沙汰がなければ、すみませんが無かったと思っていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿: 管理人 | 2013.01.17 11時49分

とつぜんスミマセン!
とても興味があり、こちらのパッチを開いてみたところ
max ウィンドウに

Could not load class 'PotentialECnomal02'
Could not load class 'Langford'

というメッセージが出てうまく開けないのです。。、
もし宜しければご教授いただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿: | 2013.01.16 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/55252724

この記事へのトラックバック一覧です: オープンパッチ化:

« MacBook Pro Retina 速度テスト | トップページ | openFrameworksを始めました。 »