« S & M | トップページ | smegma »

2011.04.23

最近の妄想

言葉にする能力が稚拙で正確さに欠けるが、記録。

最近はプログラムを作ることで、現実の成り立ちについてよく考える。


大地震の影響か、昭和史について興味が出てくる。戦後復興ってやつで。
自ずと昭和天皇が良く出てくるわけだが、影響力は絶大だったようだ。
なんか、君主、王というよりは精神的支柱であり、日本そのもののようなとらわれ方。今上天皇陛下も生活は質素で、西洋の王、アラブの王、一般的な王と違う。まぁ、続いてる長さがもう桁はずれな訳で、当たり前かもしれない。

日本という国は随分前から日本な訳で、脈々と受け継がれてきた血が濃縮されていて少し変なのかもしれない。深く調べ始めると、右左と、尖った表現にたどり着く。物事は相対的に俯瞰で見なければ…。

プログラムのテーマとして、この間までフィードバックを取り上げていた。
日本だと、ハウリングなどとよく言う。
簡単な機能説明として、以下。

マイクからの入力音が拡声器で増強され、出力される。マイクはその音を拾い拡声器に送り増強される。
そして、出力される。
このループの過程で、その空間で響きやすい周波数はループごとに増強され、打ち消されやすい周波数はループごとに消されていく。
最終的には、とある、その空間で響きやすい周波数が暴力的な音量になり、悲鳴を上げるのだ。

これは、世の中にある偏った思想の成り立ちによく似ている。

フィードバックでプログラムを構築して、次に、もっと根源的なモノ、記憶、頭の中で流れる映像について考えるようになった。夢とか。


人間社会でフィードバック現象のように偏った思想になる原因はなんだろう?

“その空間で響きやすい”

要するに、フィルターだ、通す周波数帯と通さない周波数帯がある。それがフィルター。
ある物事が眼前に起こったとする。十人十色で、それをどう飲み込むか違ってくるわけだ。
みんな違うフィルターを持っている。

昔、「子供たちは森に消えた」という本を読んだことがある。
家の書棚に有ったので、僕の好きな絵本的な小説だと思い目を通して襲撃を受けた。
簡略に書くと、ソ連のノンフィクションで、約50人もの子供を惨殺した事件の詳細を記述している。
チカチーロという変態が犯人なのだが、たしか、それとは別件の犯人の動機も記載されていて良く覚えている。

###

犯人が少年時代、目の前で男の子が死ぬ交通事故に遭った。男の子はバラバラになり、犯人の前にシューズとハイソックスをはいた男の子の片足が転がっていたという。
犯人はその光景を衝撃的に捉えたが、後に大人になってその興奮をまた味わいたいと、子供の残虐に至る。

###

思い出してみると、このような表現だったか曖昧だが、要するにトラウマが犯行動機だったと語っていたと思う。

このことから、人の持っているそれぞれのフィルターは記憶から出来ているのではないかと考えるようになった。

そして、記憶というそれぞれの頭の中に流れる映像を、それに近い形で表現してみたいと思うようになった。
しかし、そのような記憶の影響力に対して考えるのと同時に、二面的に記憶の無意味さについても考えている。
端的な表現だと、ゲシュタルト崩壊が良いかもしれない。要するに、歴史や教育、道徳、常識、言葉、文字、それらメモリーされている“記憶”ってものは、人間が集団で社会生活する上で至極都合の良い決まり事なんだと。

実際のところ、“あ”は“あ”でないし、ある決まり事を守る理由は、特にない。
道徳は薄い鏡のようなただの膜なのである。
2次元空間から高さを見れないように、僕が4次元の世界をうまく想像できない様な、そんな見づらい膜が取り巻いているだけで、現実の表面は暗く、本当の光を通さない。

こういった結構危険な考えが真実だとしたら、記憶を映像化するだけでは、探求するモノとして足りない。
なので、記憶と同時にその崩壊も形にしないといけない。


fftで実現できそうな気がするが、どうだろうか?
もう1ランク上の数学知識が必要だろうか?


子供たちは森に消えた 子供たちは森に消えた


ソ連邦崩壊をひかえた1982年、ロシア南部の森のなかで、凌辱の跡もあらわな少女の惨死体が発見された…それがすべての始まりだった。森に誘いこまれ殺される子供が続出し、事件を担当するブラコフ捜査官は、精神科医の協力を得て恐るべき連続殺人犯を追う。そしてついに逮捕された男、チカチーロには多重人格者の疑いが!?8年間に50人の少年少女の命を奪った異常殺人者の素顔を暴く、驚愕の犯罪心理ノンフィクション。

|

« S & M | トップページ | smegma »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/51475229

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の妄想:

« S & M | トップページ | smegma »