« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.27

霧中

一つアイデアが浮かんで、オリジナルの物理エンジンを作ろうとしてるんだけど、どうも乗らない。

もう気分は、破滅と再構築を繰り返す永久機関を作りたいと思ってる。
ただ、イメージがまだできあがっていないんだ。

一番大事な何かがまだ足りないんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.24

smegma

20110211_doodooettes_011




わぁ、

lafms | "The music is free, but you have to pay for the plastic, paper, ink, glue and stamps" (Dec. 1978)

myspace

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.23

最近の妄想

言葉にする能力が稚拙で正確さに欠けるが、記録。

最近はプログラムを作ることで、現実の成り立ちについてよく考える。


大地震の影響か、昭和史について興味が出てくる。戦後復興ってやつで。
自ずと昭和天皇が良く出てくるわけだが、影響力は絶大だったようだ。
なんか、君主、王というよりは精神的支柱であり、日本そのもののようなとらわれ方。今上天皇陛下も生活は質素で、西洋の王、アラブの王、一般的な王と違う。まぁ、続いてる長さがもう桁はずれな訳で、当たり前かもしれない。

日本という国は随分前から日本な訳で、脈々と受け継がれてきた血が濃縮されていて少し変なのかもしれない。深く調べ始めると、右左と、尖った表現にたどり着く。物事は相対的に俯瞰で見なければ…。

プログラムのテーマとして、この間までフィードバックを取り上げていた。
日本だと、ハウリングなどとよく言う。
簡単な機能説明として、以下。

マイクからの入力音が拡声器で増強され、出力される。マイクはその音を拾い拡声器に送り増強される。
そして、出力される。
このループの過程で、その空間で響きやすい周波数はループごとに増強され、打ち消されやすい周波数はループごとに消されていく。
最終的には、とある、その空間で響きやすい周波数が暴力的な音量になり、悲鳴を上げるのだ。

これは、世の中にある偏った思想の成り立ちによく似ている。

フィードバックでプログラムを構築して、次に、もっと根源的なモノ、記憶、頭の中で流れる映像について考えるようになった。夢とか。


人間社会でフィードバック現象のように偏った思想になる原因はなんだろう?

“その空間で響きやすい”

要するに、フィルターだ、通す周波数帯と通さない周波数帯がある。それがフィルター。
ある物事が眼前に起こったとする。十人十色で、それをどう飲み込むか違ってくるわけだ。
みんな違うフィルターを持っている。

昔、「子供たちは森に消えた」という本を読んだことがある。
家の書棚に有ったので、僕の好きな絵本的な小説だと思い目を通して襲撃を受けた。
簡略に書くと、ソ連のノンフィクションで、約50人もの子供を惨殺した事件の詳細を記述している。
チカチーロという変態が犯人なのだが、たしか、それとは別件の犯人の動機も記載されていて良く覚えている。

###

犯人が少年時代、目の前で男の子が死ぬ交通事故に遭った。男の子はバラバラになり、犯人の前にシューズとハイソックスをはいた男の子の片足が転がっていたという。
犯人はその光景を衝撃的に捉えたが、後に大人になってその興奮をまた味わいたいと、子供の残虐に至る。

###

思い出してみると、このような表現だったか曖昧だが、要するにトラウマが犯行動機だったと語っていたと思う。

このことから、人の持っているそれぞれのフィルターは記憶から出来ているのではないかと考えるようになった。

そして、記憶というそれぞれの頭の中に流れる映像を、それに近い形で表現してみたいと思うようになった。
しかし、そのような記憶の影響力に対して考えるのと同時に、二面的に記憶の無意味さについても考えている。
端的な表現だと、ゲシュタルト崩壊が良いかもしれない。要するに、歴史や教育、道徳、常識、言葉、文字、それらメモリーされている“記憶”ってものは、人間が集団で社会生活する上で至極都合の良い決まり事なんだと。

実際のところ、“あ”は“あ”でないし、ある決まり事を守る理由は、特にない。
道徳は薄い鏡のようなただの膜なのである。
2次元空間から高さを見れないように、僕が4次元の世界をうまく想像できない様な、そんな見づらい膜が取り巻いているだけで、現実の表面は暗く、本当の光を通さない。

こういった結構危険な考えが真実だとしたら、記憶を映像化するだけでは、探求するモノとして足りない。
なので、記憶と同時にその崩壊も形にしないといけない。


fftで実現できそうな気がするが、どうだろうか?
もう1ランク上の数学知識が必要だろうか?


子供たちは森に消えた 子供たちは森に消えた


ソ連邦崩壊をひかえた1982年、ロシア南部の森のなかで、凌辱の跡もあらわな少女の惨死体が発見された…それがすべての始まりだった。森に誘いこまれ殺される子供が続出し、事件を担当するブラコフ捜査官は、精神科医の協力を得て恐るべき連続殺人犯を追う。そしてついに逮捕された男、チカチーロには多重人格者の疑いが!?8年間に50人の少年少女の命を奪った異常殺人者の素顔を暴く、驚愕の犯罪心理ノンフィクション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S & M



錬金術なる言葉があるけれど、fftはそれに近い印象。

とにかく直接的で面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.18

数式と自然

自然の中に数式が見え隠れしている事が野菜作りなどから解る。しかし、“見え隠れしている”というのがまさに正確な表現で、数式にみる厳格さとか、規則正しい美しさではない。
自然は奔放で、時に数式に逆らう。これをカオスというのだろうか?
もし、フラクタルが退屈で、冷めた印象を与えるならば、そこに気ままなカオスが無いからでは?
人間の選択や感性の閃きはカオスというのだろうか?
フラクタルが退屈ならば、自然のカオスを欲しているのだろうか?
もし、そうだとして、メロディの遷移が美しいと感じるものにいったい何が隠れているのか?

自然を模倣する事の難しさ、
プログラムにするとして、ちょっと途方に暮れる。;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.17

2011.4.16の畑 夏野菜

檜の花粉で山がかすむ中、夏野菜を植えに行きました。
昨年は4月中に霜が一度降りているので、悩みましたが決行。吉と出るか凶と出るか?

以下、メモ。

・今年はナス、キュウリを良い株に育てる事が目標。
・ジャガイモの芽が地表部に出てきていることを確認。
・2年物の種は極端に発芽率が落ちる。
・モンシロチョウの発生を確認。幼虫も発見。
・他、多数の虫の出現を確認。カメムシなどは早速交尾を開始している模様。


_0016162

_0016163

_0016164

_0016165

_0016166

_0016167

_0016168

_0016169




からだにおいしい 野菜の便利帳 からだにおいしい 野菜の便利帳

価格 : ¥ 1,365(税込み)

たっぷりの野菜を上手に食べるコツ、教えます
メタボリックシンドロームや食品の安全性が問題視されている昨今、食の救世主はやはり野菜だといえるでしょう。野菜の栄養価・旬・おいしい食べ方・正しい選び方・安全性を知ってきれいな体をつくりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.15

根源を求める。

目標のプログラムに重要な数学を学ぶ過程で、既に僕の頭の中から抹消されてしまった物理に手を伸ばし始めたのだったが、素粒子など追い求めても本当に“素”という物が有るのだろうか?
これ以上分解できない、全ての素。そんな物が有るのであれば、世界は有限の世界にあるような気がする。

もし、世界が有限であるならば、その世界の外側はどうなっているのであろう?
無限でなければ、この疑問が永遠とつきまとう。


きっと、素粒子をも形成する素粒子があって、その素粒子を形成する素粒……∞。



それか、もしかしたら四次元のように、中が外になって外が中になって、一つになってるのかもしれない。
いやしかし、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.14

_0016161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男と女について 性均等2

割と多くの生物において、雌の多個体との交尾が存在する事から、その事が雌にとってのメリットがあるものと理解し、人類においても、その考えを適応させてみたのだけども、時を置いて再考してみると、人類の雌には当てはまらない。そんな気がしてきた。

人類以外の生物は、文明を持たない。自然界と密接に拘わる社会を形成し、常に死の近くにいる。そんな中、多くの様々なプロパティを持った精子を獲得することは、子孫を残す戦いのまず一歩。

自然は何が起こるか解らない。日常において、良い健全個体だとしても、ある危機的状況下では役に立たない場合もある。
しかし、人類は文明の器で少しだけ自然に対し、抵抗力を持っているし、何より多産ではない。
こうした観点からすると、多個体の精子を手に入れる事は、あまり効果的では無いのかもしれない。
だいいち、現在の女性が、子孫を残すことを目的としているとは考えにくい。まずは、自分の人生の満足を得るために生きているだろう。

雲間から、微かに光が指した方向に行けば、影からは逃れられるだろうか?


まあいいか…、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆科の花

最近気になって見ている豆科の植物。
葉や、姿は大きく異なるが、花の形状が皆似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.13

I.S

11bislamicindian_905

Biancanuque

Mherhzpu2qtkml4fw5ydiw9yo1_500

Tumblr_lenxnx6csx1qapa9ao1_500

Tumblr_lesg7jnpso1qz6y3go1_1280

Tumblr_lg5d8mot5o1qcqmnfo1_500

Tumblr_lh98l8ynsx1qcd88po1_1280

Tumblr_liexyfxfyq1qaunhgo1_1280

Tumblr_lihv8jnstv1qcgiuso1_500

Tumblr_lihv490olz1qcgiuso1_500

Tumblr_lihvyin0ud1qcgiuso1_400

Tumblr_liipukatus1qdwondo1_500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S Jesper Dahlbäck & Thomas P. Heckmann - Bloody Snow (Episode One)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S

Mika_jones03

Mugler1

P1040776

Portuguesemarkxvi

Riccibs7oh

Shibata_view_03_large_905

Spitalfieldslife

Tumblr_kq2l72fbdn1qz6areo1_1280

Tumblr_kzvm70bpwd1qz9k79o1_500

Tumblr_l940j1kjuj1qz7i2xo1_500

Tumblr_lahsu1qfcl1qab7xio1_500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.12

男と女について 性均等

今でも、社会は男を主軸に考えられる事が多い。
昔から人間は獣と共に生きてきた。鷹匠の鷹であったり、狩猟犬など。
彼らは大抵、雄として考え、呼ばれる事が多い。現に、彼らと呼んでしまった。
男の仕事仲間は昔から男と考えられている訳だ、
これは、身体的特性から解りやすい考えだと思う。

しかし、道理と身体的特性の有用が合致しないことも、世の中にあると思う。

性交表現において男性側指向がよく見られる。
中吊り雑誌など、広告媒体、TVもそうかもしれない。
要するに、「子供を作るのは男だ」という意識。能動的な男と、受け身の女など、
卵子と精子が合体して初めて核分裂するわけだから、どちらに優位性が有るかというのは、決められない。
なぜ、社会の性表現、性産業において男が主軸なのだろう?

男の性欲は必要不可欠である。一夫一婦制の道理を越え、不倫するのも本能的で解るが、なぜ女は不倫できない環境があるのだろう?
(アバズレ、など、性に自由な者の呼び名について、女の方が印象が悪い気がする。なんで?)
どちらかというと、女の方が性に対し、欲を持ち、積極的で有る方が自然だと思うのだ。

女は、より良い子孫を残すため、良い男を選択したい。
しかし、1択ではリスクが高い。いくら精子の数が3億程度としても、1男からだけでは、何が起こるか解らない。より多くの精子を摂取し、体内で淘汰させる方が良い結果を生む。

男の性欲が仕方のないことならば、同じ力量の女用性産業が社会に罷り通っても良いようにおもう。

ゲシュタルト崩壊によって、全てが文化歴史の産物で、記憶の刷り込みであると感じれば、状況は変わるかもしれない。
しかし、誰も望んでいないだろうし、今のままでも、男、女、どちらもそこそこ幸せ。

もしかしたら、子供を産める女と、産めない男というところで、意識が違ってくるのかもしれない。
10ヶ月もの時を重ね、命をかけて産むわけだから。
そうするとやはり、適当な状態なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.11

wao --

Pink noise - matt'o wiki


最近は驚きと発見が多い。やりたかった事の道具が見つかったようでドキドキする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.10

2011.4.10の畑 ネギ植え

昨日直売所で買った千本ネギ100本を植えました。
6mの畝に少し余るぐらい。120本は植えられたかも。

多分このネギは分けつタイプで、長く太くならないネギだと思われる。まぁいいや、

ニンニクが前回来た時より倍ぐらい伸びている。やはり15度がトリガなんだね、収穫、期待しちゃうな。^^


_0016136

_0016137

_0016138

_0016142

_0016143

_0016144

_0016145

_0016146

_0016147

_0016148

_0016149

_0016150

_0016151

_0016152




有機農業・みんなの疑問 有機農業・みんなの疑問

価格 : ¥ 1,050(税込み)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.09

I.S SMEGMA-Industry




非常に貴重な映像。
割と最近のモノでしょうか?

音楽も酷ければ、映像も酷い。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.08

フーリエ変換

フーリエ変換を学んでいた、そうしたら、複素数に出会った。

なんという興奮だろう。音、図形、多くの根源的な部分に触れてしまうかもしれない。

少し、怖いぐらいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.05

ややこしい;

public class Test {

	/**
	 * @param args
	 */
	public static void main(String[] args) {

		int dimX = 4;
		int dimY = 4;
		int dimOll = 4*4;

		int[] test = new int[dimOll * 3];

		for(int i = 0; i < dimOll * 3; i++){
			test[i] = i + 1;
			if((i + 1) % (dimX * 3) == 0){
				System.out.println(test[i] + " ");
			} else if(i < 9){
				System.out.print("0" + test[i] + " ");
			} else {
				System.out.print(test[i] + " ");
			}
		}

		//書き込み
		for(int i = 0; i < dimOll; i++){
			if(i < dimX){//上
				if(i == 0){//左
					test[i * 3] = 0;
					test[i * 3 + 1] = 0;
					test[i * 3 + 2] = 0;
				} else if(i == dimX - 1){//右
					test[i * 3] = 2;
					test[i * 3 + 1] = 2;
					test[i * 3 + 2] = 2;
				} else {//中
					test[i * 3] = 1;
					test[i * 3 + 1] = 1;
					test[i * 3 + 2] = 1;
				}
			} else if(i > dimX * (dimY - 1) - 1){//下
				if(i == dimX * (dimY - 1)){//左
					test[i * 3] = 6;
					test[i * 3 + 1] = 6;
					test[i * 3 + 2] = 6;
				} else if(i == dimX * dimY - 1){//右
					test[i * 3] = 8;
					test[i * 3 + 1] = 8;
					test[i * 3 + 2] = 8;
				} else {
					test[i * 3] = 7;
					test[i * 3 + 1] = 7;
					test[i * 3 + 2] = 7;
				}
			} else if(i % dimX == 0){
				test[i * 3] = 3;
				test[i * 3 + 1] = 3;
				test[i * 3 + 2] = 3;
			} else if((i + 1) % dimX == 0){
				test[i * 3] = 5;
				test[i * 3 + 1] = 5;
				test[i * 3 + 2] = 5;
			} else {
				test[i * 3] = 4;
				test[i * 3 + 1] = 4;
				test[i * 3 + 2] = 4;
			}
		}

		System.out.println();
		for(int i = 0; i < dimOll * 3; i++){
			if((i + 1) % (dimX * 3) == 0){
				System.out.println(test[i] + " ");
			} else {
				System.out.print(test[i] + " ");
			}
		}
	}
}

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 
37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 

0 0 0 1 1 1 1 1 1 2 2 2 
3 3 3 4 4 4 4 4 4 5 5 5 
3 3 3 4 4 4 4 4 4 5 5 5 
6 6 6 7 7 7 7 7 7 8 8 8 



Javaによる連続体力学の有限要素法 Javaによる連続体力学の有限要素法

価格 : ¥ 2,940(税込み)

本書は、有限要素法の基本的な考え方を説明するとともに、連続体力学が対象とする様々な解析、すなわち構造解析、流体解析、熱流体連成解析、構造流体連成解析への適用を通して具体的な手法(定式化、離散化、マトリクス計算など)を解説する。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

potential test

vmが少しずつ早くなっている気がする。
予想より軽く高速なのでQTで録画。
vimeoにもupしてみましたが、youtubeもHDにすればさほど画質変わらない。




Untitled from eye on Vimeo.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.03

いろいろとjavaで、




最近はよくコードにします。何かに使えないかなと、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S filmachine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.02

I.S

Frejafloat1

5

2r3du1k

8

Karlaread_bentrovato1

Katiushafeofanova3

Katiushafeofanova5

Katiushafeofanova9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S Beautiful Corruption - mergrim

Beautiful Corruption - mergrim from Masato TSUTSUI on Vimeo.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S ANTON PERICH PAINTING MACHINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.01

memo

20110401_153541

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mxj メソッドアクセスについて、 メモ

注目すべき点。
例えば、入力にmatrixを必要としない内部生成のオブジェクトの場合、
パッチで使用しているmatrixのディメンジョンが変化したならば、
今まで、こうしていた。


	public MethodAccess(){
		declareInlets(new int[]{DataTypes.MESSAGE});
		declareOutlets(new int[]{DataTypes.MESSAGE});
		declareAttribute("dimX");
		declareAttribute("dimY");
		declareAttribute("dimOll");
	}


オブジェクトが生成されるタイミングでdimOllが限定的になってしまうので、計算の切っ掛けが欲しかった。


001_2



	public void dim(int x, int y){
		dimX = x;
		dimY = y;
		dimOll = x * y;
		matrixArray = new float[dimOll];
	}



Javaによる流体・熱流動の数値シミュレーション Javaによる流体・熱流動の数値シミュレーション

価格 : ¥ 2,940(税込み)

数値流体力学や熱伝導問題を初めて学ぶ初心者・学生のためのテキスト。差分法に基づいた解法を述べる。数値シミュレーションの基礎から応用まで多様な問題を含み、それぞれにJavaプログラムを添付して解説する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »