« RGB 3 | トップページ | mxj メソッドアクセスについて、 メモ »

2011.03.31

wave test について、




mspのオブジェクトを触って思うのは、処理の速さを自在に制御出来ないか?ということ。
512サンプルの波形があるとして、mspはそれを1秒間に約44万回出力している訳だけど、
これはjitterでは考えられないスピード。
jitterが早くて1秒60回だから、

jitterでなめらかな曲線の数列を扱いたいとして、mspの波形を使うと、mspから出力される値があんまり早いのでmetroのbangと差が出来て、受け取る数値に欠損が出来てしまう。(たぶん)
結果、飛び飛びの値のため、例えば、球体の座標にmspの値を渡しているとしたら、とてもカクカクする。

lineで嘘付くか、オプションでサンプリングレート変更するか。。。

結局、sin、cosか、コード書いてmetro-bangごとに計算させるのがスムーズに描画させる方法のよう。


しかし、mspの軽さはやっぱし魅力。



偏微分方程式の数値シミュレーション 偏微分方程式の数値シミュレーション

価格 : ¥ 3,780(税込み)

理工系学生を対象とした、コンピューターシミュレーションにおける数値計算手法を解説した入門書。数値シミュレーションの基礎から、代表的な計算手法の基本的な考え方、この分野の最近の展開を解説。91年刊の第2版。

|

« RGB 3 | トップページ | mxj メソッドアクセスについて、 メモ »

max msp jitter」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/51263078

この記事へのトラックバック一覧です: wave test について、:

« RGB 3 | トップページ | mxj メソッドアクセスについて、 メモ »