« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011.01.27

創造@HL/jitter

記憶(記録?)から創造する。

死から生まれる。

浮遊するピクセルが個々の記憶を表し、連結して映像として選択される。

イカの色素変化からのアイデアで具現化できるかも、

複数体の新たな表現方法になれば嬉しい。


課題は頂点の数。
目標二億ほどで、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.24

映像から音楽を No.013
出力についてメモ




4ch化することによる出力の考察。

時間軸をまたいだ記憶の選択とその表示。
シームレスで同一の世界枠に同時に存在するイメージ。そうするには?

けど、どうやったって頂点の数には限界がある。

320 * 240 = 76800
76800 * 4 = 307200
307200 / 6000 = 512
39 / 512 = 0.076171875 (;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.23

映像から音楽を No.013
ムービーシーケンス、メモ

MSCに送るコンポーネントをmovieSequenceに変更予定。
組み込みは、4ch化するため@socの取り扱いに苦心。
4*3の音源をmixするか、matrix movmixからRGB音源とするか、
sigmund~とbuffer~の数とか、outのフィルターについても最終的に音楽とするための様々な機関の調整が増えることになる。

そもそも、目的とは?
断片化された映像(記憶?)を再構築し、“実体”を創造する。
実体は一体であるべき?
個人の現実を形作る現在体験とその蓄積を元に(他人の蓄積もあり得る。しかし、他人の蓄積さえも、自身の体験と言えるかも、)日々生み出される創造。
キーワード:昆虫類などの短い生死スパンによって得られる。進化速度、メリット。
繰り返す事で変化していき、生み出されるもの。

フィードバック、ハウリング。多様な中から、ある特定の特徴が際だち採用される。
現象を効果に使用することで、ある別の事柄を体験することが出来るかもしれない。

フィルタ=環境
体験から創造



001






Beyond Interaction Beyond Interaction
メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門


価格 : ¥ 3,570(税込み)

プログラミング未経験者からより強力なインタラクション開発環境を求めているProcessing・Flashなどのユーザーを対象に、C++のフレームワークopenFrameworksの初歩~高度な応用までを実践的に解説。openFrameworks開発者Zachary Liebermanによる読者へのメッセージ、The Graffiti Research Lab・真鍋大度・市川創太のインタビューを収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.16

androidのその先を

FPV Proximity Flying from trappy : TeamBlackSheep on Vimeo.



結構前にこの動画を見てandroidで飛行機を操作出来るのでは?と、いつもの自由空想していた。
今年始める新しいこととして良いので、今日、こんな設計メモ描きながら下調べしたら、

Sky001



周波数の割り当てについて初めて知った。

総務省 周波数帯ごとの主な用途と電波の特徴

こうなるとプロポという下の様な物を使わざるを得ない。
プログラム作る必要なくなっちゃうな(;д;)

Jrp4425b_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映像から音楽を No.012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.15

映像から音楽を No.012

Hl




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.14

映像から音楽を No.012
幻覚

001

002

003




3連休の2日目ぐらいから風邪をこじらせ40度ぐらいまで熱を出し、今日まで寝込んでいた。
何も出来ず、寝るのも食べるのも苦しい日々だった。

浅い眠りでは夢を見るようで、高熱時特有の幻覚を見た。
それは、ある事柄に対しての解決方法や摂理のような物なのだけど、総じて現実のそれとは大きく異なっている。
それらの映像は、いつかどこかの記憶のサンプルや、新たに解体し組み立て直されたもの達がとぼけたようにLoopする内容の無いもの。
登場人物は、ルーレットのように顔が変わるピエロのような張りぼて、正体をつかもうとすれば、今見た顔は、すぐに白紙になって過去に流れ去る。

寝込む前に作り始めたハウリングをモチーフとしたこのプログラムに影響しそうな体験だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.09

映像から音楽を No.011
mTm_005 / MSC engine




MSC engineの基本構成。
元ファイル : mTm_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映像から音楽を No.010
cn.HL.test



回路テスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.08

I.S VHS generation loss



w(゚o゚)w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映像から音楽を No.009
cn.HL.test

001



via : 48 / TOA / guitar feedback / Feedback Wave / Sound Waves / Different Dentist- conet beats feedback

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.07

I.S Many Bells Down - Clothing Company Ad / YAK FILMS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.05

I.S Yantra - James Whitney (1957)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JOGL テンプレートmemo

  1. package openGL;
  2.  
  3. import java.awt.Frame;
  4. import java.awt.event.WindowAdapter;
  5. import java.awt.event.WindowEvent;
  6.  
  7. import javax.media.opengl.GL;
  8. import javax.media.opengl.GLAutoDrawable;
  9. import javax.media.opengl.GLEventListener;
  10. import javax.media.opengl.GLCanvas;
  11. import javax.media.opengl.glu.GLU;
  12.  
  13. import com.sun.opengl.util.GLUT;
  14.  
  15. public class OpenGL_Test_08_JOGL_OGPG implements GLEventListener {
  16.  
  17.     private GL gl;
  18.     private GLU glu;
  19.     private GLUT glut;
  20.  
  21.  
  22.     public OpenGL_Test_08_JOGL_OGPG() {
  23.  
  24.         Frame frame = new Frame("testOpenGL");
  25.  
  26.         GLCanvas canvas = new GLCanvas();
  27.         canvas.addGLEventListener(this);
  28.  
  29.         frame.add(canvas);
  30.         frame.setSize(300, 300);
  31.  
  32.         frame.addWindowListener(new WindowAdapter() {
  33.             public void windowClosing(WindowEvent e) {
  34.                 System.exit(0);
  35.             }
  36.         });
  37.  
  38.         frame.setVisible(true);
  39.     }
  40.  
  41.     public void init(GLAutoDrawable drawable) {
  42.         gl = drawable.getGL();
  43.         glu = new GLU();
  44.         glut = new GLUT();
  45.  
  46.         gl.glClearColor(0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f);
  47.         gl.glShadeModel(GL.GL_FLAT);
  48.     }
  49.  
  50.     public void display(GLAutoDrawable drawable) {
  51.     }
  52.  
  53.     public void reshape(GLAutoDrawable drawable, int x, int y, int width, int height) {\
  54.     }
  55.  
  56.     public static void main(String[] args) {
  57.         new OpenGL_Test_08_JOGL_OGPG();
  58.     }
  59.  
  60.     public void displayChanged(GLAutoDrawable drawable, boolean modeChanged, boolean deviceChanged) {
  61.  
  62.     }
  63. }

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日

「時間を取り戻す」_経済篇

うがうが、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

言葉が生み出される法則は?

Emailicon



メールといえば、ケータイ、PCのメールのことを思い浮かべる。
多分だれもMAIL(手紙)とは思わない。
これは、メールが新しい言葉となって認識されているからと考える。

では、英語ではどうか、

E-mail(Electronic Mail : 電子的な手紙)となるよう。
この法則に沿ってみても、日本では、電子メールとなる。
電子手紙とはならない。

手紙の語源は中国ではなく日本にあるようだ。
正確に判明していないようだが、下記のサイトにはこうある。



手紙が「手元に置いて使う紙」の意味から「書簡」の意味に転じた理由は、「手」が「筆跡」や「文書」の意味でも用いられていたことに由来するか、意味が転じた当初、手紙は「簡略な書きつけ」を指しているため、手元に置いてある紙を用いたことに由来すると考えられる。

手紙(てがみ) - 語源由来辞典



僕は単純に、「手で字を書いた紙」から、手紙となったと考えていた。
なので、電子メールの正しい進化は、

手「○○」

で、「紙」の部分が0、1などの「信号」に取って代わるのだと考えていた。
要するに、「手で打った電子信号」と考えられるから。
(手信となるのかな?ちなみに中国では手紙に“信”一文字を用いて表している。)

しかし、リンク先の言葉の変化を見ると、「書簡」、「文」、「消息」が「手紙」となったのは、E-mailのように新たな意味を付け加えたり、手「○○」のように、一部に変化を加えるものではなかった。

なので、電子メール = メールで正しい流れなのかもしれない。



そうすると、今度はMailの語源が気になる。(´ρ`)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.04

JOGLのテスト

001_2




「OpenGLを使ってJavaでも3Dを楽しもう」 第3回 プログラムで3Dを表示する

なるほろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JOGLのダウンロード

メモ。


Cで書かれた参考書を元にprocessingで勉強していたが、翻訳に面倒を感じたので、JOGLにすることとした。
しかし、java.netに.jarのリンクがないのでインストールできない。
色々探して、このページからたどり着いた。


JOGL Tutorial 1 - Environment Setup


さて、インストールしよう!!

追記:元々processingにはJOGLの.jarが入っていました。無駄な時間を過ごした。;_;


OpenGLの神髄 OpenGLの神髄

本書は、ハイパフォーマンスの3次元コンピュータグラフィックス用の業界標準のクロスプラットフォームAPIである最新のOpenGLの機能のうち、本質的で、頻繁に使うものに関して簡潔にまとめた本です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.03

今年の抱負とか、

20110102111048




初詣でこれと言ってお願いはせず、「去年はありがとうございました。」と、
無欲のお参りとなりました。
なので、抱負や、希望、願いは無いのですが、
おみくじを引いたら、

勉学:続けるとかなり難しい事でも実現できる。

と、あり、OpenGLやAndroid、数学、指輪、畑など日々のタスクに結果が付いてくる一年となりそうです。


***


年末年始は、普段あまり見ないテレビで時間を費やしました。
今年でラストのM-1や、ガキ使、箱根駅伝とか、
ガキはかなりパッケージ化が定着してしまった印象で、途中で見るの辞めてしまった。
「youtubeがあるし、」というのが頭の片隅にあるから、リアルタイムにそんな価値が無くなったんだよね。
そのことに大いに関係あると思うのですが、箱根駅伝の提供にパチンコメーカーが名を連ねていたのが気になりました。とうとう、箱根駅伝にも…。

スポーツにパチンコの提供は似合わないですね。;

安定した視聴率が見込める刑事ドラマの「相棒」でさえも提供にパチンコメーカーがあるので、今の時代はそれほど気にしなくても良い事柄かもしれません。


It



そんな相棒の古い再放送を見ていたら最近見ない池脇千鶴さんが出演していました。

「池脇千鶴は随分と美人だったんだな〜」

と、ぽつり、頭の中で。
昔は思いもしませんでしたが、年を取ると日本人顔らしい顔を「美人」と感じるんですね。
丸い鼻や笑顔を強調する涙袋に奥二重。上唇より前にふくらんだ下唇。あごの骨格とか。

どんな感覚も日々移ろいゆくのですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »