« 「ProcessingでOpenGLを使う」- Eclipse、MacOSX6.3、設定編 | トップページ | Cube Fluids | next steps in Processing//processing GLSL »

2010.10.14

「ProcessingでOpenGLを使う」No.2 描画テスト

複数のコードを解析して、
OpenGLの頂点情報は以下で挟む。

pgl.beginGL();
gl.glBegin();

  Vertex//頂点情報

gl.glEnd();
pgl.endGL();


  1. package openGL;
  2.  
  3. import processing.core.*;
  4. import processing.opengl.*;
  5. import javax.media.opengl.*;
  6.  
  7. public class OpenGL_Test_03 extends PApplet{
  8.  
  9.     private static final long serialVersionUID = 1L;
  10.  
  11.     PGraphicsOpenGL pgl;
  12.     GL gl;
  13.  
  14.     public void setup(){
  15.         size(400,400,OPENGL);
  16.         background(0);
  17.  
  18.         pgl = (PGraphicsOpenGL) g;
  19.         gl = pgl.gl;
  20.     }
  21.  
  22.     public void draw(){
  23.  
  24.         pgl.beginGL();
  25.  
  26.         gl.glLineWidth(3.0f);
  27.         gl.glPolygonMode(GL.GL_FRONT_AND_BACK, GL.GL_LINE);
  28.  
  29.         gl.glBegin(GL.GL_TRIANGLES);
  30.  
  31.         gl.glColor3f(1.0f, 0.0f, 0.0f);
  32.         gl.glVertex2f(200.0f, 10.0f);
  33.  
  34.         gl.glColor3f(0.0f, 1.0f, 0.0f);
  35.         gl.glVertex2f(10.0f, 390.0f);
  36.  
  37.         gl.glColor3f(0.0f, 0.0f, 1.0f);
  38.         gl.glVertex2f(390.0f, 390.0f);
  39.  
  40.         gl.glEnd();
  41.  
  42.         pgl.endGL();
  43.     }
  44. }

001




ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法 ビジュアライジング・データ
Processingによる情報視覚化手法


価格 : ¥ 3,780(税込み)

手軽で強力なプログラミング環境「Processing」を用いた情報視覚化技術についての解説書。地図情報・階層ファイルシステム・リスト・グラフ構造・時系列データなど、さまざまなデータの収集・解析手法から対話的な視覚的手法・プログラミングテクニックまでを豊富な実例を用いて詳しく解説しています。

|

« 「ProcessingでOpenGLを使う」- Eclipse、MacOSX6.3、設定編 | トップページ | Cube Fluids | next steps in Processing//processing GLSL »

processing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/49736844

この記事へのトラックバック一覧です: 「ProcessingでOpenGLを使う」No.2 描画テスト:

« 「ProcessingでOpenGLを使う」- Eclipse、MacOSX6.3、設定編 | トップページ | Cube Fluids | next steps in Processing//processing GLSL »