« I.S | トップページ | 先週の畑 »

2010.09.06

ロレンツのアトラクター




ここ数日ずっと微分積分を学んでやっと形になりました。
まだ良くわかんないのですが、とりあえず、動いて良かった。


ゼロからわかる微分・積分―100%文系の人のための数学読本 ゼロからわかる微分・積分―100%文系の人のための数学読本

価格 : ¥1,470(税込み)

コンピュータ、通信、光学機器、テレビ、ラジオ、CD、車、鉄道、飛行機、建築物、経済学、物理学、工学、農学…すべて微分・積分がなければ発達しなかった。文系の人のための数学読本。

|

« I.S | トップページ | 先週の畑 »

max msp jitter」カテゴリの記事

コメント

返信遅れてすいません。
とても丁寧な説明で凄く勉強になりました!
自分はjavaの知識が皆無ですが…。
少しづつ勉強していきます!

投稿: mado | 2013.12.10 00時13分

madoさん

こんにちわ、ずいぶん古い物なので見つかりませんでした。
VJをするたびにコードセットは更新するので、何代か前にいなくなったようです。

時間がある時に使っていないHDDを探して、有ったらこの記事にキャプチャを追加しておきます。

ただ、どのように作ったかは覚えているので、紹介します。
まず、残念ながらmaxで作るのは早々にあきらめました。
演算のコードはjavaで書いています。
下記のように、ソースが公開されているので、
それをmax用に書き換えました。

http://d.hatena.ne.jp/kei-os2007/searchdiary?word=%2A%5Bdev%5D

ソースを見ると、配列を使って演算されていますので、
matrix → mxj → matrix
という流れで、java内でmatrixを受け取り、配列に変換して演算し、それをmatrixに再度変換してmaxに渡せばよい事になります。
ですので、受け取って変換、変換して出力を付け加えるだけで動きます。

mxjの詳細については、下記で調べました。

http://www.s-musiclab.jp/mmj_docs/max5/jitter/jitter_tutorial/j17_jttu_app_a.html

では、がんばってください。

投稿: 管理人 | 2013.11.07 21時18分

最近jitterを触っていてローレンツアトラクタを描画しようとして行き詰まってたら貴方のブログに辿り着きました。
出来ればこのパッチコードを拝見したいのですが…。

投稿: mado | 2013.11.07 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/49371507

この記事へのトラックバック一覧です: ロレンツのアトラクター:

« I.S | トップページ | 先週の畑 »