« 3D matrix movie - Vimeo | トップページ | nikon PB-6の接写 3 »

2010.06.04

視野

Dsc_0406




人間の視細胞には錐体と桿体がある。錐体は網膜の中心地にある色を感知する細胞。(RGB)
その周りにあるのが桿体で、感知するのは白黒のみ。(BW)

錐体より桿体の方が数が多い。

目から得る情報のほとんどは、網膜中央の錐体が感知する情報だろう。なので、視線の外側で桿体が情報量の少ない白黒画像で外界の動向をキャッチして、注意すべきとあらば、視線をそちらに向けて錐体で一気に詳細な情報を得る。

プログラムのことを知るとこういう成り立ちに感心する。


視覚世界の謎に迫る視覚世界の謎に迫る (ブルーバックス)
価格 : ¥861 (税込み)
私たちが見る世界は脳でつくり出される  生後まもない赤ちゃんには、この世界はほとんど見えていない。その後、脳の発達に伴い、私たちの視覚世界はどう形成されていくのか。実験心理学からのアプローチ

|

« 3D matrix movie - Vimeo | トップページ | nikon PB-6の接写 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/48543649

この記事へのトラックバック一覧です: 視野:

« 3D matrix movie - Vimeo | トップページ | nikon PB-6の接写 3 »