« I.S | トップページ | max msp jitterでjavaを使う。 No.8
インレットとアウトレットを指定する »

2010.04.19

max msp jitterでjavaを使う。 No.7
classファイルの出力先指定

前々回でEclipseによるコンパイルに成功したのですが、毎度毎度ワークスペースの.javaと.classをclassesフォルダに入れるのが面倒でした。
そこで、Eclipseで.javaと.classを同じフォルダに保存し、MAX側からそのフォルダを参照するやり方がありましたので記録しておきたいと思います。


ことぶ記 - EclipseでJavaによるオブジェクトを開発する


上記のブログにmxjオブジェクトをEclipseで開発する手順が始めから紹介されているのですが、注目すべきは後半部分です。

javaのビルド・パス変更、

Max_java001

Max_java002_2




“/Library/Application Support/Cycling '74/java/max.java.config.txt”の編集、

Max_java003




この2点を変えるだけで、さくさく開発が出来てしまいますね。


AKG プロフェッショナルスタジオモニター・オープンヘッドフォン K702AKG プロフェッショナルスタジオモニター・オープンヘッドフォン K702
価格 : ¥44,920 (税込み)
クラフトマンシップと最新テクノロジーにより誕生した“リファレンスパフォーマンス”
オーディオファンを魅了するAKG Kシリーズ

|

« I.S | トップページ | max msp jitterでjavaを使う。 No.8
インレットとアウトレットを指定する »

max msp jitter」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/48130418

この記事へのトラックバック一覧です: max msp jitterでjavaを使う。 No.7
classファイルの出力先指定
:

« I.S | トップページ | max msp jitterでjavaを使う。 No.8
インレットとアウトレットを指定する »