« I.S Vanishing Point | トップページ | max msp jitterでjavaを使う。 No.4
javaの高速化 »

2010.04.07

max msp jitterでjavaを使う。 No.3

複数物体に万有引力を影響させるコードが何とか完成しました。

100406_3




《処理概要は、以下》




n個の物体A~nの座標と質量を引数として送る。



AB、AC、AD,・・・n-1n、まで組み合わせでインスタンスオブジェクトを生成



2点間距離を求める



万有引力を求める



引力をxyz方向に分解



2点のxyzを戻す


maxに戻して動くか心配ですね、


ONKYO WAVIOONKYO WAVIO アンプ内蔵スピーカー
15W+15W GX-D90(B) /ブラック

価格 : ¥15,020(税込み)28%OFF
24bit/96kHz対応 光デジタル入力端子搭載

|

« I.S Vanishing Point | トップページ | max msp jitterでjavaを使う。 No.4
javaの高速化 »

max msp jitter」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/48018636

この記事へのトラックバック一覧です: max msp jitterでjavaを使う。 No.3:

« I.S Vanishing Point | トップページ | max msp jitterでjavaを使う。 No.4
javaの高速化 »