« 悩む、2010年の野菜。 | トップページ | マトリックスのbit数
max msp jitter »

2010.01.06

自然とプログラム

2010年になりましたね、あけましておめでとうございます。
とうとうカウントダウン眼鏡も作れない西暦になってしまいました。
今年もどうかよろしくお願いいたします。

年末年始は黙々と畑仕事とデザインコンペに勤しみ、maxとイラストは休んでおりました。そのおかげで珍しく筋肉痛です。なぜなら、冬の畑仕事と言ったら土壌改良ぐらいしかないのです。でもこれがとても大事なわけで、


2010_01_06_hatake_01


こんな感じで表土をさらって堆肥を施し、土をザルで濾し、ひっくり返して戻すという作業です。重労働ですが今年は大根、にんじんに挑戦するので丁寧にやっています。


2010_01_06_hatake_02


こちらは、11月ごろに仕込んだ落ち葉コンポストです。
葉が白くなっている所が山から持ってきた微生物の菌糸です。落ち葉を分解して堆肥にしてくれる頼もしい身方。

こうして、野菜作りの地味な部分の作業をしていると、物質が様々な形に姿を変え、最終的に野菜となる事が分かります。さらに人間はそれを調理し、食べて肉とする訳で、はしょると落ち葉が僕の体になっているとも言える。これはまるでmaxのパッチを繋ぐ作業みたいに元の情報を次々と変換させるシステムのようですね。
こういった観点から新たにmaxのプログラムを考えると、悩んでいた低画質の映像を大画面で出力する時の問題点も解決出来そうな気がします。

|

« 悩む、2010年の野菜。 | トップページ | マトリックスのbit数
max msp jitter »

野菜作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/47222243

この記事へのトラックバック一覧です: 自然とプログラム:

« 悩む、2010年の野菜。 | トップページ | マトリックスのbit数
max msp jitter »