« 自然とプログラム | トップページ | 植物と微生物が共生する土壌
~自然農法へのチャレンジ~ »

2010.01.08

マトリックスのbit数
max msp jitter

・低画質動画の使用についての考察メモ


jitterのマトリックスには、それを構成する一つ一つのcellがあって、これは複数のデータを保持している。
max msp jitterではその複数のデータをプレーン(plane)と呼んでいる。
プレーンは最大で32個、データは8〜64bitの数字を扱える。

8bit_2

16bit_2




上がphotoshopで作った8bitのグラデーション。下が16bitのグラデーション。

基本的なことだけど、改めて情報量の違いが分かる。

元々の動画をキレイに出力する。あるいは全く違った方法(見せ方)で出力する。など、膨大な情報量の一部をそんなことに使えるのではないかと考える。



おまけ - 16bitで画像処理

D90_photo_100108




画像処理をやればやるほど、8bitとの差が出てくる。

photo by nikon D90


fx伊藤忠グループのFX会社
安心・信頼のFXプライム


FXプライムの『選べる外貨』は、1,000円の保証金からはじめられるFX取引です。

|

« 自然とプログラム | トップページ | 植物と微生物が共生する土壌
~自然農法へのチャレンジ~ »

max msp jitter」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/47235072

この記事へのトラックバック一覧です: マトリックスのbit数
max msp jitter
:

« 自然とプログラム | トップページ | 植物と微生物が共生する土壌
~自然農法へのチャレンジ~ »