« “Youtubeの動画でDJしたい ”No.5
トルクモーター編 - max msp jitter -
| トップページ | Mac Safari Youtube FLVダウンロード »

2009.11.14

“Youtubeの動画でDJしたい ”No.6
トルクモーター編 - max msp jitter -

一定に“1”を排出し続け、任意でその数値を変化させる事が出来、変化後また1へと戻るようなエンジンを制作しようと考えいて失敗しました。


if文で解決出来そうな予感もしましたが、適切なオブジェクトを探してみるのもいいとオブジェクト・リファレンスを当たると、“line”なるオブジェクトを発見しました。


001_2



上記ヘルプにあるように、

ある数値から異なる数値へと、補完しながら数値を連続して出力する。

という機能のようです。今回の用件を改めて確認すると、
・通常は常に数値“1”であること。
・その数値を任意で変化させることが出来ること。
・変化後一定の時間がたったらまた数値“1”になること。

と考えられるので、この用件を“line”オブジェクトで満たせます。
002



緑色部分が“line”オブジェクトで作ったトルクエンジンです。「常に1を排出し続けるエンジン」この言葉のせいで多くの時間を費やしましたが解決したものを見ると実に簡単です。

まず、スライダーは任意の数値を設定します(-3〜3など)そのスライダーを動かすと、一つは“line”を通って“rate”に数値が行きます。もう一つはメッセージ“0. 300”を“line”に送ります。意味としては、スライダーを最後に動かしてから300ミリ秒経ったら、というもの。
“0. 300”メッセージを受け取った“line”は300ミリ秒後に第二アウトレットからbangを出力します。bangは、メッセージ“1. 30”をもう一つの“line”に送り、“line”は“rate”に30ミリ秒かけて1になる数値を排出します。

僕はずっとエンジンと言う言葉にとらわれていました。頭が固いと実感しました。

ちなみに、本物のターンテーブルは回転数の復帰を曲線で示すと思いますが、このパッチは直線です。
本物をエミュレートするにはもう少し手を入れる必要がありますね、僕は今のままでも復帰がタイトで好きです。




《 今回の参考書籍 》

41zqt8v8gfl_sl500_aa240__22061:Maxオデッセイ
音楽と映像をダイナミックに創造する!最高の開発環境を徹底解説
Amazonで詳しく見る

一から説明されているので初心者の僕でも比較的分かりやすいです。おすすめ!



|

« “Youtubeの動画でDJしたい ”No.5
トルクモーター編 - max msp jitter -
| トップページ | Mac Safari Youtube FLVダウンロード »

max msp jitter」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/46758185

この記事へのトラックバック一覧です: “Youtubeの動画でDJしたい ”No.6
トルクモーター編 - max msp jitter -
:

« “Youtubeの動画でDJしたい ”No.5
トルクモーター編 - max msp jitter -
| トップページ | Mac Safari Youtube FLVダウンロード »