« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.30

youtube動画、シーケンスパッチテスト
max msp jitter


| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S

inspiration

Odin Undustries
http://odinindustries.tumblr.com/post/178302166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S Boards of canada - Telephasic workshop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S

inspiration

Micaela Greg
http://www.micaelagreg.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.29

I.S

Tumblr_ktc437ssyj1qzfe7to1_1280



mojokiss
http://mojokiss.tumblr.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S

inspiration

LEBBEUS WOODS
http://lebbeuswoods.wordpress.com/2009/02/07/metastructure/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I.S

inspiration

FASHION PORTFOLIO
http://www.fashionserved.com/Gallery/FASHION_PORTFOLIO/315341

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の畑のそらまめさん

そらまめの花が順調に大きくなっています。通常は春に咲くのだけど、、、
冬前にエネルギー使ってしまって良いのかな?

Soramame_001


Soramame_002




白菜は変わらず、これは巻かなさそうです。

Hakusai_001




今日の収穫。ブロッコリー。
取り立てのブロッコリーは花より茎が甘くて美味しいです。育ててみないと分からないことって、たくさんありますね。

Shiyukaku_001




そらまめくんのベッドそらまめくんのベッド(こどものとも絵本)
価格 : ¥780(税込み)
発売日: 1999/9/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動的にトラックを拡大/縮小
Logic Express 9

いつも忘れてしまいますのでメモしておきます。
これが出来ないと波形いじるの大変です。


(1) トラックメニューの“表示”から“自動的にトラックを拡大/縮小”を選択。

Logic9_track_reduction_2




(2) ショートカット“Z”でもOKですね。

Logic9_track_expansion




51mcozkkbel_ss500_LOGIC EXPRESS 9
価格 : ¥20,700(税込み)
発売日: 2009/9/18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

prepend オブジェクト
max msp jitter

max/msp jitter今日知ったオブジェクトの覚え書き。

[ prepend ]オブジェクト


Prepend02

Max_window




prepend は入力されたメッセージの前にアーギュメント(あるいは set メッセージ)で指定された内容を付け加えた上で格納する。


setの場合の用途がいまいちつかめない。右のインレットに入力すれば良いのにと思ってしまいます。

Prepend

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.27

“Youtubeの動画でDJしたい ”No.9
CUE、シーケンス、MPC編 - max msp jitter -




動画のCUEポイントとシーケンス機能を作りました。まだ骨組みだけですが、こういったロジックで組んでいけば問題ないかな?と思っています。
エミュレートというか、上の動画、名機MPCのように操作できることを想定しています。

では、毎度稚拙なパッチをば、


・シーケンス部分

001




・CUE部分

002




・動画表示部分

003

以上の3つの部分で構成しています。
シーケンス部分は2061:Maxオデッセイにあった応用事例から使い、CUE部分はシーケンスからの信号を、設定したLOOPに送り、次の動画表示部分jit.qt.movieへと流しています。 適材適所のパッチかどうか不安があります。無駄な流れもありそうなのでもう少しブラッシュアップしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.26

max msp jitter MMCコントロールパッチを作る。

youtube動画のDJMIXパッチで、CUEとシーケンサー機能実装に手間取っています。
このトンネルを抜けるのは容易ではなさそうです。
行き詰まってしまったので、一旦開発から抜けてMMCコントロールパッチを制作しました。
かなり適当です。こんなのでよいのでしょうか?


001



002




僕の使っているMIDIコントローラーのMPD32に付いている“STOP”、“PLAY”、“REC”それぞれについて相応の機能をアサインすべく、まず、ボタン押下時の出力メッセージを調べてみました。

[ STOP ]
240 127 127 6 1 247

[ PLAY ]
240 127 127 6 2 247

[ REC ]
240 127 127 6 6 247

という連続した数値が出力されていたので赤字の部分に注目してパッチを作りました。
“select”以下の部分は、数日前に見た Tokyo Max Users Group http://tokyomax.jp/ さんの記事、 [MaxTips_8] ダブルクリックや修飾キーを使った操作 を参考しました。
“timer”で10ミリ秒にしていますが、偶然6、1とか6、6の信号が出力される可能性も無いとは言い切れないので実用的なパッチでは無いかもしれませんね、


413p3nsyzpl_sl500_aa240_コンプリートMIDIプログラミング・ブック
価格 : ¥2,100(税込み)
発売日: 2006/09



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.25

角を丸くするをパスに適応。
Illustrator cs4

久しぶりにイラレを使うことになってオブジェクトの角を丸くする処理をパスに適応したい。そう思ったがうまくできなかったので解決策をメモしようと思います。

うろ覚えだけど、CSのころは“フィルタ”というメニューがあってオブジェクトのパスを直接角丸処理出来たように記憶していました。しかし、CS4になってアピアランス上だけで角丸になるんですよね…。


(1) 適当な図形を描く。

001




(2) “効果”から“スタライズ”→“角を丸くする…”を選択。

002




(3) 任意の半径を指定し、OKを押す。


003




(4) この時点ではアピアランスだけの形状変化です。

004




(5) オブジェクトを選択して、“オブジェクト”→“アピアランスを分割”を選択。

005_2




(6) パスに形状変化が適応される。

006




昔はもっと簡単だったような気がするけど、今となっては記憶に自信がありません。sad


41gobif3rl_sl500_aa240_イラストレーターの仕事―プロとして知っておきたいノウハウ
イラストレーターに求められる資質、受注から納品までの流れ、入稿の作法、売り込み先へのアプローチ方法…など、プロとしてやっていくために必要な知識が満載。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.24

value オブジェクト
max msp jitter

max/msp jitter今日知ったオブジェクトの覚え書き。

[ value ]オブジェクト

001_2




どんなメッセージでも格納するオブジェクト。出力にはインレットに“bang”を送る。
必ずアギューメントを与えないとMAXウインドウにエラーが表示される。

003




同じアギューメントをもったvalueオブジェクト同士は同じメッセージを共有する。

002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

max msp jitter オブジェクトのアトリビュート

僕はやりたいことがまずあって、それからMAXを覚えていっている状態だから基本的なことが欠けています。今までオブジェクトのアトリビュート、アギューメントの区別も良くつかなかったし、オブジェクトごとにどんなアトリビュート、アギューメントがあるか調べる術を知りませんでした。

ヘルプに詳しいリファレンスがあるんですね、weep


001


002



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.23

presetオブジェクト
max msp jitter

2061: A Max Odysseyの応用事例、7-3 サンプリング・ステップ・シーケンサーのパッチを勉強していたら“preset”オブジェクトなるものを発見しました。


002



preset は、指定した他のユーザーインターフェイスオブジェクトでのパラメータ値を格納し、マウスクリックによりそれを再現する。


001_2



これは、動画のCUEポイントとしても使えそうですね、
MAXのオブジェクト群って、基本的に正しい使い方なんて無くて使用する人の思いどおりに様々な機能を実現してくれるように思います。
アプローチ方法が多いので可能性も広がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“Youtubeの動画でDJしたい ”No.8
動画の同期編 - max msp jitter -

CUE機能を制作途中なんですが、先に動画の同期機能を作ったのでメモします。


001



まず、2つの動画が同じものでそれをDJ MIXする場合同じ再生ポイントにする必要が出てくると思います。今回の場合、先行している方の動画の再生ポイントにあわせることにしました。


画像にあるように、“route time”で二つの動画の現在時間を取得しています。“jit.qt.move”にバンを送っている“qmetro”に繋がっていますので常に最新のタイムが更新されるようになっています。
互いの再生時間は真ん中のパッチで引き算され、正の数か負の数かの判断にかけられ、結果により進路をスイッチ切り替えされます。“ctlin 28”はMIDIコントローラーのボタンにアサインされていて僕が同期させたいと思った時に押すと再生時間が遅い方の動画に先を行っている動画のタイムが送られる仕組みになっています。


使ってみての感想ですが、若干タイムラグがあるようです。もっと良い方法があるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高度3万2000メートルからのダイブ
Boards of Canada - Dayvan Cowboy

スコットランドに暮らすマイク・サンディソンとマーカス・イオンによる音響創作ユニットBoards of Canada(ボーズ・オブ・カナダ)、ずいぶん前から活動しているようだけど僕は最近知りました。
PVと音楽のテイストが大変好みです。
最近Youtubeでよく見るので紹介しておきたいと思います。





使われている映像と音楽が直接心臓に入り込み、少し切なく感じさせます。この気持ちはなんだろ?


凄く印象的な映像ですが、この宇宙とも思える高々度からのダイブしたのはアメリカ空軍のジョー・キッティンガーという方だそうで、飛び降りた実際の高度は102,800フィート(31kmぐらい?)。飛び降りた時の落下速度は音速に近かったそうです。(燃えちゃわないんですかね?)で、インタビュー映像があったのでそれも載せておきます。





こちらの映像の方は落下している時、呼吸と心音が聞こえますね。後付かもしれませんがかなり空気の薄い世界だから風邪切り音とかも無く、たとえ音がしたとて伝わる物質がない全くの無音の世界だったりするのかな?
こういう映像を見ていると僕らの生きている空間が奇跡的な場所であるんだと実感します。


51xyepe7x6l_ss400_ The Campfire Headphase
価格: ¥2,181
発売日: 2005/10/17
動画の曲、Dayvan Cowboyが収録されたアルバム





31tyj43184l_sl500_aa192_ディスカバリーチャンネル 超音速飛行の世界 [DVD]
価格: ¥3,570
発売日: 2006/07/28
ジョー・キッティンガーの映像



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.22

畑の冬支度

借りて半年になる僕の畑がだいぶ寂しくなってきました。
来年の春夏用に少し土の改良をしようと落ち葉を蒔いてみることにしました。
ミミズも増えてきたことだし3月頃には土に帰っていたらいいのだけど、


001_2

008



葉だけ巨大化したブロッコリー、収穫はいつ頃だろう?


002

003_2



未熟なネギの落第生達と白菜、空豆達、


004



早々とつぼみを付けてしまった空豆、これからの寒さに耐えられないんじゃないかな?心配。


005



イタリアンパセリの森、美味しいけど食べきらない。家では4代目の種


006



今日の収穫下仁田ネギ。太くて短く、濃いネギの香りがします。


007


009




514ao2qalgl_ss500_基本の野菜 じょうずな育て方 (主婦の友新実用BOOKS)

価格 : ¥1,365(税込み)
発売日: 2009/3/10





| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラスト下書きの鉛筆線を抽出
-photoshop-

僕はイラストを描く時、黄ばんだ古いコピー用紙に鉛筆で書き込みます。
紙の色があるため線画だけにするのに良くある“レイヤーの乗算”だけだと塗りレイヤーが暗くなってしまいます。

なので幾つか解決策としてのやり方をメモしようと思います。



《良くあるやり方、色域選択》

(1) まず、高い解像度300〜350dpiでスキャンします。


001



(2) “コマンド+U”にて“色相・彩度”彩度を-100にし、グレー化します。


002



(3) このようにグレー画になります。


003



(4) “コマンド+L”で“レベル補正”をし、グレー画を白黒にします。


004

05



(5) “選択範囲”から“色域指定”し、白い部分を選択して許容量を調整します。


010

011

012



(6) 選択した範囲を消せば線画だけになり、下に塗りレイヤーをおけますね、


013





《プラグインを使ったやり方》

(1) 上記の(4)まで一緒で、白黒化した画像を“コマンド+I”で反転します。


006



(2) After Effectsで有名な藤井彩人さんのページから“Un-Multiply”というプラグインをダウンロードしてプラグインフォルダに入れておきます。(Photoshop起動前)

そうすると下のようにフィルタ項目に出ますので選択します。


[ リンク ]

ayato@web 藤井彩人
http://www.ayatoweb.com/index.html



Photoshop プラグイン 「Un-Multiply」
http://www.ayatoweb.com/download/down04.html




007



(3) あっと言う間に黒い部分が消されますので“コマンド+I”でまた反転します。


008


009


このプラグインは本来、黒地に乗った半透明の画像をアルファで抽出するプラグインですが何かと便利なので線画の抜き出しにも使ったりします。
使う人の好みでアクションにしたりしてみると良いと思います。
誰かのお役に立てれば幸い。変な絵失礼いたしました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.20

youtube動画でDJ MIX test No.3
max msp jitter





2つの動画をmixして激しいLOOP処理をさせてみました。
やっぱり動画の音声をMSPに持って行かないと安定します。
落ちることがなくなりましたね。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

“Youtubeの動画でDJしたい ”No.7
LOOPとCUE編 - max msp jitter -

001



動画用LOOPシステムを作りました。
現在のタイムからLOOPstart、LOOPendをMIDIコントローラーで設定し、そのLOOP長さから1/32まで再生タイムをスライダーでリニアに変更できるパッチです。
“ctlin 46”のLOOPend解除部分は下記のように変更した方が良いかもしれないですね。


002



ところで、一つどうしても分からないことがあります。
動画の音声をMSPに持って行くとLOOP中に“jit.qt.movie”のアギューメントに“time”を送ってCUEポイントを指定して飛ばすことが出来るのですが、動画の音声がデフォルトのシステム上だとCUEポイントに飛ばすことが出来ません。


091119



具体的には上の図のようにcueA、B、C、と指定したとします。
cueAの場合はLOOPの先頭に移動しLOOPを続け、cueBだとcueBポイントに移動しLOOPendまで再生したら再びLOOPstartポイントに戻りLOOPを続ける。cueCだとcueAとまったく同じになる。
なんで振る舞いが変わるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土のいろ

R0015042



畑を借りて半年が経ちました。今は来年の土作りで落ち葉コンポストをしています。
土って地域でも違いますが作る人によっても表情が変わります。

畑を借りてから人の畑の土をよく観察するようになりました。黒い土、乾いた黄土色の土、砂混じりの灰色の土。
僕の思い描く土はフカフカしていて黒い有機物の良く燃えた土。残念ながらまだまだ遠い。
いつかたどり着きたいと毎回汗をかきながら作業します。

おいしい野菜が採れるまでには時間がかかるものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.19

cssの覚え書き 回り込み画像が囲み線をまたぐのを回避する方法

Blogの賑やかしのために関連広告を入れているのですが、記事と区別するために商品画像と商品リンクを実線枠で囲もうとしたら、Floatさせた画像が外側の実線を越えてまたいでしまいました。


091119_2


それで、いろいろ方法を探して実践したのがこれです。

HTML

<div class="wakusen">
<a href="http://www~~~>
<img src="http://~~~ style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;">
</a>
<a href="http://www~~~>
○○○○●○○○○●○○○○…
</a>
<br class="clear">
</div>
CSS

.clear { clear: both; }



すると、このように

091119_2_2


なるわけですが、なんか邪道のような気がしますね、正しいやり方を知ったら追記したいと思います。
ちなみにmacのsfariでしか確認していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.18

max msp jitter ReWire その後

091118



きのうReWireをインストールすることでMSPシグナルをLogicに持って行くことに成功したのだけど、実際つなげてLogicのエフェクトをかけてみると処理過多で落ちてしまいます。
通常再生などは問題ないのですが、やはり激しいLOOP処理が続くと保ちません。

動画の激しいLOOP処理で動画音声をMSP上で再生すると、LOOPの立ち上がりにノイズ、LOOP長さのリニアな変更に、もたつきや再生速度の遅れが生じるなど、MSPに問題があると考えました。
動画の音声はシステムから再生するように戻し、音声をSoundflowerでLogicに持って行くことにしました。



[ 詳しいSoundflowerについての記事 ]
OS X用のオーディオルーティングソフト : Cycling '74 Soundflower



すると、思っていたことは当たっていたようで、

MAX/MSP jitter → Soundflower → Logic

この流れで動画音声にLogicのエフェクトをかけ、LOOPの激しい処理をしても全く落ちることがありませんでした。

この方法はLogicの豊富なエフェクトが使えるという良い点がありますが、反面、例えば動画を2ついっぺんにMIXしたい時に2の動画の音声が分けられない弱点がありますね。



11/19追記
jit.qt.movieオブジェクトにvolメッセージを渡せば“制御”は、できるようですね、
001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.17

max msp jitter ReWire で困っている人へ

propellerhead “ReWire” Downloads


ここ数日MAX/MSPのオーディオをLogicに持って行こうとがんばっていました。
方法は色々あると思いますがマニュアルにある“ReWire”というオーディオドライバが簡単そうで試してみると何度もMAXウインドウに




“ad_rewire: please check rewire installation and restart max/msp”




と出るじゃありませんか、、、、MAX、Logic双方のマニュアルにはインストールしろなんて見あたらない。というか、てっきりインストールされているものだと思っていた。
思い込みは怖い。。。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.16

youtube動画でDJ MIX test No.2
max msp jitter





前回のパッチを一新。新たな機能を追加してみました。
追加した機能はLOOP機能で、スタート、エンドポイントをリアルタイムで記録できます。あんまりLOOP時間が短いとMAXが落ちます。まだまだ改善点はあるかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.14

youtube動画でDJ MIX test No.1
max msp jitter





MAX/MSP Jitterで制作したパッチでyoutube動画をDJのようにMIXしました。
MPD32を使っているのですがフェーダーでのスクラッチはとても難しいです。MIDIコントローラーは違うものが良いような気がしますね。


41hcysxcaul_sl500_aa250_AKAI USB/MIDI PAD CONTROL UNIT MPD32
Amazonで詳しく見る


伝統のパッドをDTMで使えます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac Safari Youtube FLVダウンロード

max/msp jitterでyoutube動画を使うためMac Safariでのダウンロード方法をメモしておきます。

やり方は実に簡単。

まず、ダウンロードしたい動画を表示します。

001_6


“ウインドウ”から“構成ファイル一覧”を選択。

002_2


表示されたウインドウの中から、FLVを探したいのですが大抵は末尾の.flvまで表示されません。ですので、状況欄の中で一番重いファイルを探します。MBあるファイルはそうそう無いのですぐに見つかると思います。
見つけたらそこをダブルクリックするだけです。

003


このようにダウンロードされます。

004



Safariをお持ちでないなら
Windows+Mac 最新のSafariをダウンロード


HD-CLシリーズBUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載
外付けハードディスク HD-CLシリーズ お買い得大容量1TBモデル

価格 : ¥9,380(税込み) 34% OFF
全品無料配送キャンペーン中!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“Youtubeの動画でDJしたい ”No.6
トルクモーター編 - max msp jitter -

一定に“1”を排出し続け、任意でその数値を変化させる事が出来、変化後また1へと戻るようなエンジンを制作しようと考えいて失敗しました。


if文で解決出来そうな予感もしましたが、適切なオブジェクトを探してみるのもいいとオブジェクト・リファレンスを当たると、“line”なるオブジェクトを発見しました。


001_2



上記ヘルプにあるように、

ある数値から異なる数値へと、補完しながら数値を連続して出力する。

という機能のようです。今回の用件を改めて確認すると、
・通常は常に数値“1”であること。
・その数値を任意で変化させることが出来ること。
・変化後一定の時間がたったらまた数値“1”になること。

と考えられるので、この用件を“line”オブジェクトで満たせます。
002



緑色部分が“line”オブジェクトで作ったトルクエンジンです。「常に1を排出し続けるエンジン」この言葉のせいで多くの時間を費やしましたが解決したものを見ると実に簡単です。

まず、スライダーは任意の数値を設定します(-3〜3など)そのスライダーを動かすと、一つは“line”を通って“rate”に数値が行きます。もう一つはメッセージ“0. 300”を“line”に送ります。意味としては、スライダーを最後に動かしてから300ミリ秒経ったら、というもの。
“0. 300”メッセージを受け取った“line”は300ミリ秒後に第二アウトレットからbangを出力します。bangは、メッセージ“1. 30”をもう一つの“line”に送り、“line”は“rate”に30ミリ秒かけて1になる数値を排出します。

僕はずっとエンジンと言う言葉にとらわれていました。頭が固いと実感しました。

ちなみに、本物のターンテーブルは回転数の復帰を曲線で示すと思いますが、このパッチは直線です。
本物をエミュレートするにはもう少し手を入れる必要がありますね、僕は今のままでも復帰がタイトで好きです。




《 今回の参考書籍 》

41zqt8v8gfl_sl500_aa240__22061:Maxオデッセイ
音楽と映像をダイナミックに創造する!最高の開発環境を徹底解説
Amazonで詳しく見る

一から説明されているので初心者の僕でも比較的分かりやすいです。おすすめ!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.11

“Youtubeの動画でDJしたい ”No.5
トルクモーター編 - max msp jitter -

今回はターンテーブルを制作すると言うことでまずその機構を考察したいと思います。





動画はCDJなので本物のターンテーブルのようにレコード溝から音を読み取る針がありませんが中央の円盤が回るのが同じようになっています。この円盤部分を指先で上下に動かすことで針がレコードの溝を変速でなぞり音が伸びたり縮んだりしてスクラッチと言われる独特の音が出るようです。また、サイドにピッチベンドという円盤の回転速度を変えるスライダーがついています。これでリズムの違うレコード同士を強制的に同じリズムにすることが出来るようです。

DJといっても様々な音楽性のタイプが有ると思います。4つ打ちのミニマルテクノだったり、HIPHOPだったり、その音楽性でターンテーブルの操作方法も変わります。
今回はどんな音楽性でもPLAYできるようもっとも激しく使うHIPHOP用にターンテーブルを作り上げたいと思っています。そこで重要になってくるのがスクラッチした後の回転速度の復帰時間です。
レコードは常に定速で回転しています。それを手で強制的に変速化させるのですが、その後の復帰が早くないと音がゆがみ、リズムが崩れてしまいます。名機と呼ばれるSL1200MKはわずか0.7秒で定速に復帰するようですね。

ターンテーブルの回転速度は動画で言う再生速度にあたるので“rate”というアトリビュートに注目しました。このアトリビュートはデフォルト値が1で通常の再生速度を示します。数値が2であれば2倍速になり、-2であれば2倍速の逆回転ですね、

001_2



上のパッチは、-3〜3にしています。あまり早いとスクラッチぽさが無くなるように思います。

このアトリビュートにより、ピッチベンド、簡易スクラッチが表現出来るようになりました。しかし、変速したらすぐに定速へと戻らないといけないですね。

ですので常に定速で(すなわち“1”)動くエンジンが必要と考えました。

002



安直すぎました;
これでは常に“1”が“qmetro”から出力され、スライダーからの数値を受け入れる隙がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.10

“Youtubeの動画でDJしたい ”No.4
動画音声のクロスフェード編 - max msp jitter -

さて、MAX/MSP Jitterでyoutube動画をDJmixしたい!!のコーナーですが、前回動画のクロスフェードに成功いたしました。しかし、再生される動画が任意の操作によってクロスフェードされるのに対し、動画の音声は全く無変化で、だだ流しでした。
なぜ?ということで調べてみると、Jitterで扱う動画の音声はPCのシステムから出力されるそうです。QuickTimeと関係があるんですかね?よく分かりません。
MAX/MSP Jitter上でシステム音量を操作しようとするよりMSPに音声をつないで操作する方が現実的と考えます。ほんで、調べてみるとやはり有りました。




JitterマトリックスでのMSPオーディオの使用
http://www.s-musiclab.jp/mmj_docs/max5/jitter/jitter_tutorial/j17_jttu27.html





まだ知らないオブジェクトがあって詳しく分かりませんがjit.qtからMSPに音声を通信で送っているっぽい。パッチコードをつながないところが何となく格好いいな〜と思って早速実装してみました。

002


通信がカッケー!!と思って上記のサイトのサンプルのように“send”“rceive”で通信していますが、“spigot”から直接“gain”につないでも音が出るはずです。
念のため“spigot”のヘルプを読んでみると

spigot~ オブジェクトは、 jit.qt.movie オブジェクトからオーディオ出力を取得します。 spigot~ オブジェクトの各インスタンスには、それぞれの名前が名前引数で設定されます。 spigot~ による別のアプリケーションからのサウンドの取得はサポートされません。 spigot~ オブジェクトは、 jit.qt.movie オブジェクトにロードされたムービーからエクスポートされ、キャッシュに取り込まれたサウンド ファイルを操作します。このファイルは、ムービーと同期再生されます。

のようにあり、再生始めに無音の時間があります。データの先読みとかが必要ですが、それは追々やっていくとして次回はターンテーブル部分、すなわちトルクモーターでも作ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.09

“Youtubeの動画でDJしたい”No.3
クロスフェード編 - max msp jitter -

前回、jit.sclebiasのascaleにてアルファをいじることによって画像同士のフェードを行おうとして見事に失敗しました。

どうも考え方が間違っていたようですね、
それで調べてみるとマトリックスのクロスフェードオブジェクトが有りました。

[jit.xfade Help]
001


では、実装するとこうなります。
003



中央のフェーダーは左に行くと“0”で、右に行くと“1”でそれぞれの動画だけが表示されるようになっています。もちろんスライダーを真ん中にすると二つの動画が半透過して見えますね、

しかし、実際のパッチを動かしてみると分かると思いますが動画はフェードしているのにもかかわらず、音声はフェードせず、2つ共流れっぱなしです。動画でDJをするには音声もクロスフェードしないと行けません。

ということで次回は動画音声のクロスフェードに挑戦します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.05

“Youtubeの動画でDJしたい”No.2
- max msp jitter -

さて、前回DJに必要なのはターンテーブル、ミキサー、レコードだと言うことが分かったので、早速作っていこうと思うのですが、僕はmax/mspの素人なのでマニュアルや参考書を漁って初歩の初歩から始めたいと思う。


まず、道筋として二つの動画を読み込み、クロスフェーダーにてミックスすることを実現してみよう。

で、一つ目。
動画を読み込み表示するパッチを作った。



001

readメッセージボタンを押すことで任意の動画を参照する。

toggleからbangメッセージをqmetroに送り定期的にbangメッセージを出力するようにすることで参照された動画から画像が読み出される。



意外と簡単。

じゃ、これを二つ作って間にクロスフェーダーを作れば終わりだ。happy01



さて、どう作ろう?

色々調べてみるとjit.sclebiasオブジェクトが動画の色調を変化させることが出来るようだ、アルファをいじればクロスフェーダーが作れそう。



003

それぞれの動画にjit.sclebiasscaleアギューメントでアルファを可変させる。


おや?toggleを押してbangメッセージを送ると交互に動画が映し出される。
しかもjit.sclebiasscaleアギューメントでアルファを可変させても、画面が白か黒になるだけで思っていたのと違いますね、




次回、クロスフェーダーについてもう一度挑戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“Youtubeの動画でDJしたい”No.1
- max msp jitter -





DJはかっこいい。そう思うけどLPプレーヤ買ったり、ミキサー買ったり、ネタLP買ったり、お金がかかる。
いっそのこと動画でDJ出来たら面白い。そう思ったのでまだマスターしていないMAX/MSPで作ることにしました。


まず最初にDJさんの基本システムについてザラッと考察したいと思います。

・レコードプレーヤー(ターンテーブルと呼びます。)
代表的なのがこれ↓、パナソニックのSL-1200シリーズ。最近では、その下のようにiPodドック付のもあったり、USBでPCに送れるやつもある。アナログな音源再生機。


Dgjt1304_a





・ミキサー
ネタ音源をMIXする機械。詳しく見ていくと今のミキサーはとても多機能です。しかしまー、要は複数の音源を一つにまとめるものです。で、一番手前にクロスフェーダーという2つの音源を交差してフェードするスライダーが有ります。
Xone92_s


・レコード
もしかしたら、DJプレイが確立される前はCDの誕生で絶滅の危機にあったのかもしれない。そんな一昔前の記録媒体。


以上の3つがDJプレイに無くてはならないもので、これらをmaxのパッチで作って見ようと思う。
今回、レコードの代用はYoutubeの動画なので、ターンテーブルと、ミキサーを作り出すことに次回から挑戦したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.04

パスに沿ってブラシで描く -Photoshop-

僕はMacBook Proを使っているのですが、出先でPhotoshopのブラシを使って、ちょっとした修正をしたいとなると、トラックパットでは難しい事が多いです。
微妙な曲線を描くのがとても難しいですよね、

そんな時のために打開策として調べておいたことをメモします。




(1)
まず、描画すべき線をパスで描きます。

001


(2)
描けたらパスパネルで描いたパスを選択状態にし、オプションから【パスの境界線を描く】を選択します。

002_2


004_2


(3)
カラムが“ブラシ”になっていることを確認してOKを押します。

005


すると、このように綺麗な曲線がブラシツールで描けます。
ブラシを変えたり、ブラシの設定を変えることで様々な表現が出来ますね。

タブレットが無い時とか使えますよ!

006



007



5日間で学ぶ!お絵描きPhotoshop教室5日間で学ぶ!お絵描きPhotoshop教室

1日目:Photoshopの基本を覚えよう !/2日目:線画を描いてみよう ! /3日目:下塗りしてみよう !/4日目:影塗りしてみよう !/5日目:応用テクニックにチャレンジ !



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.01

漫画 ドットグラデーショントーンの作り方(だんだん小さくなるハーフトーン)
photoshop

漫画の背景に使われるトーンシートで、ドットがだんだん小さくなるグラデーショントーンをphotoshopで作るやり方を紹介します。


こんなのね、

091101




(1)
まず、適当な画角の新規作成画面に白黒グラデーションのレイヤーを作ります。

001

002



(2)
グラデーションが作れたら、【フィルタ】 → 【ピクセレート】 → 【カラーハーフトーン】を選択します。

003



(3)
下図のように赤枠の部分を全て“45”に変えます。一番上の数字はドットのサイズになります。

004



(4)
このようになりますよ。

005



006



意外と便利なんですよね、これは、


上手くなりたいマンガ超初級講座上手くなりたいマンガ超初級講座

マンガを描くための道具から、顔や身体、背景の描き方、ストーリーとコマ割りまで、例をあげながらわかりやすく解説。どう描けば読者に伝わるかというルールも理解できる新しい視点のマンガ技法解説書。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »