« youtube動画でDJ MIX test No.3
max msp jitter
| トップページ | 畑の冬支度 »

2009.11.22

イラスト下書きの鉛筆線を抽出
-photoshop-

僕はイラストを描く時、黄ばんだ古いコピー用紙に鉛筆で書き込みます。
紙の色があるため線画だけにするのに良くある“レイヤーの乗算”だけだと塗りレイヤーが暗くなってしまいます。

なので幾つか解決策としてのやり方をメモしようと思います。



《良くあるやり方、色域選択》

(1) まず、高い解像度300〜350dpiでスキャンします。


001



(2) “コマンド+U”にて“色相・彩度”彩度を-100にし、グレー化します。


002



(3) このようにグレー画になります。


003



(4) “コマンド+L”で“レベル補正”をし、グレー画を白黒にします。


004

05



(5) “選択範囲”から“色域指定”し、白い部分を選択して許容量を調整します。


010

011

012



(6) 選択した範囲を消せば線画だけになり、下に塗りレイヤーをおけますね、


013





《プラグインを使ったやり方》

(1) 上記の(4)まで一緒で、白黒化した画像を“コマンド+I”で反転します。


006



(2) After Effectsで有名な藤井彩人さんのページから“Un-Multiply”というプラグインをダウンロードしてプラグインフォルダに入れておきます。(Photoshop起動前)

そうすると下のようにフィルタ項目に出ますので選択します。


[ リンク ]

ayato@web 藤井彩人
http://www.ayatoweb.com/index.html



Photoshop プラグイン 「Un-Multiply」
http://www.ayatoweb.com/download/down04.html




007



(3) あっと言う間に黒い部分が消されますので“コマンド+I”でまた反転します。


008


009


このプラグインは本来、黒地に乗った半透明の画像をアルファで抽出するプラグインですが何かと便利なので線画の抜き出しにも使ったりします。
使う人の好みでアクションにしたりしてみると良いと思います。
誰かのお役に立てれば幸い。変な絵失礼いたしました。





|

« youtube動画でDJ MIX test No.3
max msp jitter
| トップページ | 畑の冬支度 »

絵・イラスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198455/46819293

この記事へのトラックバック一覧です: イラスト下書きの鉛筆線を抽出
-photoshop-
:

« youtube動画でDJ MIX test No.3
max msp jitter
| トップページ | 畑の冬支度 »