2014.08.17

掃除は続かない。。。

秋野菜の苗の準備や、使った後の登山道具で散らかった部屋を片付けるのだけども、何か別のものを発見して別のことをやり始める。。。




今日はこんな懐かしいものを見つけて小一時間。。。




_dsc7306









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.11

信越トレイルへ 番外編 : きっとヤツがいた。

これは、今思えばの話だが、

_dsc0051

万坂峠からトレイルに入った直後、

「なんかこの森、嫌だな…。」

そう直感した。

写真左奥の唐松林に入ろうかという辺りだ。

どうも生臭いんだ。いままでの森の空気ではない何かを感じる。

湿った森は、様々な微生物を育み、死を生の源とする。その過程で微かな臭いを出すけれども、そんな優しいものではなかった。

何か死臭のようなもので、それは強烈だった。

直感的に危機を感じたのか、深く考えず頭の片隅そのことを追いやって臭いのしない先へ進もうと決めた。

幸いして、いくらか登ると、普段の森の臭いにかわったので、すっとそのことについて忘れていたが、一日目の行程を記録する記事を書いていてふと、思い出したのだ。

あれは確実に、“ヤツ”だった。

黒いその姿を薮に隠し、やり過ごそうと此方を伺っていたのだろう。。。

もし僕が、気配を感じ追求していたら、ヤツは行動に出る他なかったに違いない。。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.10

信越トレイルへ 2

Gopr0114

翌朝4:50ほぼ定刻通り長野駅に着く。懸念していた疲労感もない。
駅のトイレで着替え、コンビニで水2L、朝食、昼食を購入する。朝食はエビかつバーガー1個。結果的に少なかった。。。


飯山線には5:53分の電車に乗車し、飯山駅に着いたのが6:40分。
失敗だったのは、飯山駅には構内売店しかないこと。コンビニはだいぶ遠いところにある。
8:05斑尾高原行き斑尾線始発まで何もすることがない。長野駅で時間をつぶした方が得策。
ただ、車窓から眺める早朝の景色は美しかった。


_dsc0013

駅舎奥に見える白い建物が北陸新幹線の飯山駅。まだ建造中で、7ヶ月後に完成と明記してあった。この北陸新幹線が始発で8:05に間に合えば信越トレイルはぐっとやりやすくなる。



_dsc0014

30分で斑尾高原に着くようだが、実際はもっと早く着いてしまうため、途中わざと速度を落とさざる終えず、スクーターのおばさんに坂道で抜かれてしまう。





_dsc0015

バスは普通の大型。残念ながら乗客は僕一人。今回の行程はずっと一人確定した。
バスの運転手は僕の身成から、

「信越トレイル?」

と開口一番。これからの行程で出会う人に何回か聞かれることになる。地元ではそこそこ知られているよう。観光として期待されている部分もあるのかもしれない。

どうやら、冬も、夏も訪れる観光客の減少止まらないそうだ。

バスは定刻ちょっと前に着いた。降りて直ぐの所に歓迎のゲートがあり、



_dsc0016

(8:35 34℃)
ここから、斑尾山にアプローチできる。





_dsc0018

この時の気温が34度で、このゲレンデを直登して行く訳だが、予想通り苦しかった。





002

登る前、元気な時の写真。

装備の詳細だけど、総重量約14kgはある。

僕としてはファストパッキングで10kg以内におさめたかったが、ザック(BD epic45)がそもそも1.5kgもある。基本装備を5kgにおさめても、水、食料、ザックで14kg位になってしまった。

まぁ、デザインで買ったんだ。BD好きだし。クライミング用に肩パッドの稼働なんてのが着いてるから重いんだよね。全然今回いらない機能だったけど、、、;



_dsc0024

真夏にゲレンデ直登。足が前に進まない。





Gopr0119

やっと中腹にきた所、この辺りから切り返しで登り始める。





Gopr0121

(10:09 25℃)
斑尾山山頂。信越トレイルはここがスタート地点となる。





Gopr0124

下りも同じくゲレンデ。ただ、北側で日陰になっていた。



005

トレイル全部に言えることだが、蝶が非常に多かった。雄と雌が舞う光景も多く見れたので、交尾の時期だったのかもしれない。





004

さすがにゲレンデ登山はつらく、道標「サ」手前、スキーコース分岐で大休止。昼のおにぎりを食べる。



_dsc0051

(11:35 28℃)
下りきって、万坂峠に着くと、袴湿原を経て、袴岳を目指す。




006

袴湿原前の山道より、斑尾山。今、あの山を登ってきたのだ。





007

袴湿原。ここで、お昼とし、すべてのおにぎりを平らげる。





Gopr0125

(12:54 28℃)
袴岳山頂は、園児たちが遠足にやってきていた。





Gopr0126

袴岳山頂より、妙高山。
この後、1時頃より、パラパラと雨が落ちてくる。ただ、一時的なものだった。



008

(2:10 28℃)
本日のキャンプ場の赤池に到着。
2Lの水がギリギリで、かなりバテバテだった。
すぐに水場で水を浴びた。



_dsc0059

水場からサイトに戻る途中。雲の発達から、雨を予感する。





予想は的中。夜半まで雨にやられることとなる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.07

信越トレイルへ 1

001




そそくさと会社を定時に出て、仕事の荷物をヤマトで自宅に送る。



山手線を避けて副都心線で東新宿に降り立つと、西口地下駐車場ロッカーにザックを置き、南新宿奥の湯へ。準備は万全。


夜行バスは初めてだったから10時にはバス待合室に待機していたけど、どこの停留所に止まるかは10分前にならないと決まらないシステムらしい。せっかく流した汗も元通り。




深夜バスを利用する客に登山者が多いことに驚いた。だいたい40、50代の究竟な男女。彼らの中に同じ信越トレイルを目指す人がいるかもしれないと。装備をくまなく見つめる。密かに同じ日程の同行者を期待している自分がいる。


信越トレイルは自分にとってそれだけ過酷だ。
行程80km。途中補給なし。水はほとんど浄水必須(塩素処理していないからのよう)。






Gopr0112





バスは定刻通り出発した。



練馬から関越道に入り長野を目指す。途中わが町を通る。その標識を目にしようかと思ったが、不安を消すように目を閉じた。

後部のディーゼルエンジンが小気味よく回るので意外に感じた。高速に入ると定速巡航し、座席に押し付けられることもなく眠りに入った。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.01

信越トレイル 80kmへ

夏休みを利用し、あこがれの信越トレイルへ明日旅立つ。

会社退社後の強行スケジュールで、深夜バス利用と、コンディションが悪そうだが、心は期待であふれる。
荷物はファストパッキングを目指したが、13kgまでが限界だった。4泊だと食料が多いので難しい。。。
ただ、後半は軽くなるのでランニングできるのではないかな?
詳しく記録してまた記事にしよう。

Img_0377

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.07

皇鈴山登山

Img_0326_blog

以前より30分も早いタイムでゴールの寄居駅に到着。

だいぶ体力がついてきたかな。。。

そろそろ2000m級の山に挑戦したい。そう気持ちがはやる。

ただ油断は禁物。

今日は雨後ということもあり山頂はガスがかかり、肌寒かった。

まだ、いろいろな状況を想定できる経験が足りないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.01

山行記 妙義山(雨天断念)

初の県外遠征に妙義山へ向かった。

車中泊のできる軽ワゴンをレンタルし、準備は万全であったが、夜半より大雨に見舞われた。
翌朝、さすがに鎖場をを行く気にはなれず、妙義山から榛名山へ向かい、ちょこっと登山を楽しみ、伊香保の湯に浸かり、水沢うどんを堪能。
なんだかただの観光になってしまった感じ。。。
すぐに帰路についたが、交通費は総額11000円ぐらい。友人が同行したから大分安く上がったが、ガソリンリッター161円はずいぶん高いなぁ。。。
一人で新潟遠征をもくろむが、電車の方がいいのかもしれない。

Img_0321

Imag0325




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.23

メーカー

一生のうちに、イメベーションに関わる者として、その場に立ち会いたい。そう願い粛々と仕事に立ち向かっている。

ここ最近思うところに、優秀な人材がwebやインタラクションに流れているせいでメーカーの開発現場に技術低下が起こっているのだ。そう思っていたが、それは間違いのような気がしてきた。
問題の主たる原因は、志にあると思う。あくびが出るほど安定しているから、新しい技術に興味を引かれる事も無いし、心躍らせる事も無い。そういう場面に出会う度怒りが込み上げてきて、中々眠れない。
このまま、気付かぬうちに腐って死ぬのではないか。。。そう危機感を打ち消せずにいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.22

Elektron



美しいプロダクト。システムも尖っているし、憧れる。こういう仕事をしたい。
志と、テクニック。あと環境。環境が一番の問題だけど、それを自ら変えなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.08

大持山登山

10357690_483164898482240_8074670713

10368376_483164815148915_9069177337

10415666_483165625148834_6605072879

名郷バス停 8:05
山中 8:55
妻坂峠 9:47
大持山 11:41
ウノタワ 12:23
鳥首峠 13:30
秩父彩の国キャンプ場15:00?

20Lのザックで挑んだ一泊山行。
翌日は川俣からバスに乗車し秩父駅まで。実質一日だけの行動。
いろいろな物を省きなんとか20Lにおさめたが、行動食は途中で足りなくなった。また、チタンのコッフェルは軽量で良いが湯が沸くまで時間がかかるため、アルコール燃料が300mlではギリギリ。風防が無いともっと厳しい。
BDのベータライトは床が無いけど広くて素晴らしく快適!!寒けりゃカッパ兼用のタープを巻いて寝れば問題なしである。
ロングトレイルに向けて最適なスタイルが見いだせてきた。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.18

登谷山からの眺望

Img_0254

記録

落合バス停 7:31
二本木峠 8:24 - 28
皇鈴山 8:42 - 52
登谷山 9:10 - 26
釜伏峠 9:35
中間平 9:50
寄居 11:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.12

Black Diamond Beta Light

IMG_0224_1500




ベータライトで初のキャンプをしました。今まで床なしって怖かったが、何ら問題ない。


強風時の設営には苦労した。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.06

山行記 - 皇鈴山・登谷山




小川から白石車庫行きのバスに乗車し、打出停留所で下車すると、川向こうに穏やかな山が見える。
堂平、笠山と比べると低いが、寄居までの14、5kmのコースは緩やかで走るのにも歩くのにも優しい。丁度、昼頃に寄居に着く手軽さでよく選ぶコース。

連休最後は写真ではなく、動画にしてみようとGoProを手にし、登山を開始した。
やってみて分かった事だが、カメラを回収しに戻らなければならない。
これが、なかなか大変。取りに戻る時間は無駄なので、当然走る。なかなかの苦行。

出来上がった動画はプレミアで編集してエンコード。
どうも動きのある場合はブロックノイズが強く出る。元の動画はきれいなだけに、エンコードで圧縮される際の影響のようだ。これをきれいに出せるノウハウが欲しいところ。




Img_0183

笠山。乳房山の別名有る通り、頂上に乳首が有る。飯能側から見た方が形は良い。


Img_0184



Img_0186



Img_0188



Img_0189



Img_0191



Img_0194



Img_0195

両神山は雲の中


Img_0196

マイマイカムリ。手に科学的な甘い臭いが着いた。下手に触らない方がよい


Img_0199



Img_0203



Img_0204

中間平後の分岐、いつも通行止め。


Img_0205

桐の花が満開


Img_0206

蚕農家だったのだろうか。


Img_0208



Img_0215




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.04

山行記 ー ウノタワ



5月3日僕にとっては遠征といえる飯能市へ向かった。目的地は鳥首峠と大持山の間にあるウノタワ。昼食後、秩父側の川俣に降りてキャンプする予定だ。


Img_0148


Img_0155


東飯能駅を7時13分に出る湯の沢行きのバスに乗り込んで、名郷の停留所を目指した。車内は既に登山客で満員だった。30分前に到着していたので歩いて始発である飯能駅に行くべきだった。乗客はすでに汗臭く、1時間我慢した。


公共交通を使うとルートの戻りが無いから楽しい登山をできるが、誰かに迷惑をかけているかもしれないと想い、速乾と無臭のインナー着用を心がけた方がよいと感じた。


今回の装備は、ザックをブラックダイヤモンドのepic45に、テントはブラックダイヤモンドのベータライト。ブラックダイヤモンドは、アメリカ特有のエッジのあるデザインが好きだ。だから、ポールもライトもブラックダイヤモンドだ。


Img_0154


しかし、好みで選んだepic45のパッドは薄く、13kgの荷量には適していないみたいだった。信越トレイル用に買ったのだけど、もう少し、荷の選定をしないとepic45では厳しそう。


Img_0158


始めから、パッドの食い込みで肩をやられながら名郷の停留所を出発した。
ルートは、蕨山 - 橋小屋ノ頭 - 鳥首峠 - ウノタワ - 鳥首峠 - 冠岩 - 川俣。
しかし、ザックを気にしていてか、早々に道を間違える。


Img_0159


大鳩園、白岩渓流園がある鳥首峠行きの道へ入ってしまう。大幅なショートカットだ。。。本当は、名郷のバス停を降りたら大分戻らなければならなかった。

妻坂峠行きの分岐で気付いたから戻る判断も有ったが、実力が無いのでこのまま予定を変える事とした。


Img_0161

熊の爪痕?


Img_0162

石灰採掘場


Img_0163


鳥首峠までの道のりは、慣れ親しんだ堂平、大霧山などと違い狭く険しかった。どことなく山深さを感じさせ、何度か気配を感じ道を振り返った。そうしている間に、見上げる木々の間に青い空を見つける。鳥首峠には10時丁度にたどり着いた。名郷のバス停に8時11分に付いたので、1時間50分。地図のルートタイムは1時間40分。荷が重かった。


Img_0165

鳥首峠


鳥首峠で10分ほど休憩していると、同じバスの登山者が次々と到着する。そこで、途中の石灰採掘場前で話した人がまた話しかけてくる。小持山で花が咲いているや、お互いの目的地など、情報を伝え合う。こういった事は非常に大事だなと感じる。


Img_0166

山頂に向けて春が駆け上がっている。


Img_0169


鳥首峠からウノタワへの道のりは二三の上下を繰り返すも、巨木がいくつも有り、楽しい。ときがわ、東秩父の山には無い雰囲気。

「1000mってこうなんだ。」美しさにしばしば感動を覚える。

ウノタワへは、大きな岩を超えるとたどり着く。


Img_0171


静かで、驚くほど平坦。


Img_0175


靴と、靴下をぬぎ、湯を沸かし、お茶を飲み、菓子パンとおにぎりを口にする。事が終わると、横になり空をあおぐ。1000mになっても色は変わらないし、雲はまだ上を流れる。経験を積めば、また違う景色を見れるのだろう。


Img_0177

道を遮る残雪


ウノタワを後にし、鳥首峠から、秩父の川俣に下る。地図にある浅見キャンプ場を目指す。ネットの情報だと経営者が入院中との事だが、なんとかやっているような内容だった。しかし、行ってみると入り口は閉められ、閉鎖の看板がいくつもつけてあった。

人に聞いてみると、経営者がお亡くなりになったそうだ。電話して無理に使わせてもらう事も憚れるので、諦める事にした。テン泊はまたの機会にしよう。


予定はまたも変更して、浦山大日堂の停留所からバスで西武秩父駅に降りる事にした。


Img_0178


バスの最終は16時。山道から車道に合流するポイントに13時47分に着いていたから、大分時間があった。

バスは14時にも有るが、浅見キャンプ場を探していたから、浦山大日堂には14時5分ごろ着いていた。(合流ポイントから下ったとこに浅見キャンプ場はある。1:50,000の地図では判断出来ず、登りも確認した。)


浦山大日堂の停留所からすぐ下ったところに渓流荘というここの集落の方達が使う浴場があるので、頂く事にした。市の運営のようだが、利用は可能で、料金も同じ100円。

浴槽は家庭的で、30分程度の入浴にしてと注意書きあり。汗を流し、給水して、着替える。15分ぐらい。出てくると、足を引いたおじいさんとすれ違う。


「風呂入ったか、」

「頂きました。」

「わしも入ろう!!」


豪快で大きな声だった。

時間は余るほどあったので、沢風と西日が輝く世界でトカゲを追いかけたり、集落をフラフラした。する事も無くなり、浦山大日堂停留所のトイレに併設されたベンチで荷をおろし、待っていると、3,40代の登山者が降りてきた。時刻表を確認して挨拶すると、また下って行った。

しばらくすると、戻ってきて、


「ここは何も無いんですね。。。」


と、

下に100円のお風呂が有り、水道が有る旨伝えると、15時半だったが行ってしまった。

間に合うのだろうか。最終便だぞ、

最寄りの浦山口駅まで、10km以上ある。

しかし、10分前にはやってきた。

横にづれてベンチを空けると、汗臭い。着替えが無かったのか、急いで風呂に入ったせいなのか、知る事は出来なかった。

山の話を時間までして、色々な情報を教えて頂いた。結構上級者なようだが、お腹はぽっこりしていた。やせるには、運動と食事制限がセットでないと効果はないようだ。肝に銘じて、反省する事とした。


バスはハイエースで料金は秩父駅まで300円と格安。運転手も優しく、ウトウトしている間に秩父駅に。


Img_0180


仲店通りは大変な混雑で、お土産は諦めた。秩父鉄道まで歩いて、丁度特急に乗り込む事が出来た。車内は観光客で混雑していた。

寄居で東武に乗り換え、あっという間に小川町。雲は大きく発達して、強い風と、雨が落ちてきた。事に任せ、計画を変えたが、それはそれで良かったのかもしれない。そう思い家に着いた。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.27

新緑の森へピクニッック

少々のどが痛む。どうやら風邪ぎみのようで、予定していた登山を延期して近くの森へピクニックに出かけた。

_DSC7105

GW連休中神社もライブ会場に変わる。

_DSC7107

_DSC7111

_DSC7117

農道をてくてくと歩く。

_DSC7132

森は新緑で光り輝いている。 下草は膝下ほど、夏は来れないだろう。

_DSC7133

新しく買ったBDのテントを設営。

_DSC7134

ピクニックとわいえ、泊まりたくなる。 10月末の信越トレイルの為に買ったこのテント。重さが1kg切るしシンプルでよい。 姿も美しいし、今からどんどん使って慣れておきたい。

_DSC7135

今日は、パスタとトーストを作る。

_DSC7136

まずはコーヒーを淹れる。豆はその場で挽く。あたりに香りが立つ。

_DSC7141

トーストをパウルーで焼く。

_DSC7145

ナイフ忘れた。。半分に切れない。

_DSC7146

平らげたら、パスタをゆでる。

_DSC7147

ゆであがり1分半で出来るやつ。味は悪くないけど。アルデンテは難しい。

_DSC7149

ちょっとまったりして、撤収する。

_DSC7151

_DSC7153

_DSC7155

_DSC7171

_DSC7172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.21

外秩父七峰縦走大会

1544464_461234190675311_84048188357

1724328_461323360666394_30881792188

十月末の信越トレイルに向け、トレーニングとして外秩父七峰縦走大会に出場した。
全長42.195kmのコースを34km程度まで歩けた。時間に余裕があったが、翌日の仕事を考え早々に棄権した。
当日は3月中旬並みの低温で、汗が冷えるのでなかなか休憩時間を長く取る事が出来なかった。下着の変えと、こまめに脱ぎ着することをしなければ4泊5日の信越トレイルは厳しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.13

低山ハイク - 皇鈴山

OMMのAdventure Light 20LTEVASPHERE TRAIL MID EVENT、それとフーディニのAction Twill Pantsを初テスト。
OMMとTEVAはどちらもトレイルランニング用途の商品ですが、堂々とハイクで使用。

OMMはフィット感がよく、「ああ、走りたい。」と感じる作りで終始素晴らしいと関心。TEVAの方はハイクだと緩やかな上りでかかとの不安定感から少々疲れる感じ。しかし、それも緩やかな上りのみ、他は土踏まずの飛び出したソールが安定感を与えてくれる。

そしてフーディニは伸縮性と薄さでフィットするスリムなデザインながら上りでストレスが無い。
もっと出かけたいと思わせてくれるよいプロダクトに出会った。

Img_0090

Img_0098

Img_0101

Img_0103

Img_0106

Img_0108

Img_0120

Img_0131




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.12

春の畑

例年通り3月20日前後にジャガイモを植えたけども、現地のおじいいさんから、「ここらは3月13日頃植えるんだよ」と教えて頂いた。

霜に当たったとて、生命力のあるジャガイモはまた芽を出す。来年は13日頃植えてみよう。



Img2014041200131

Img2014041200132

Img2014041200133

Img2014041200134

Img2014041200135

Img2014041200136

Img2014041200137

Img2014041200138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.05

ロングトレイルに憧れる

1965046_447200322078698_166794085_n

1939570_446870525445011_1556956966_

先々週、外秩父を縦走した時の写真。最低気温は-3度。低気圧の影響で風が強く、寒くてなかなか寝付けなかった。
今度は信越トレイルに行きたいと考えている。ただ、雪解けは5月下旬だろう。休みが取れない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イラレで黄金角を使ってひまわりの種を描く