2016.09.25

elektionとmaxのシーケンサ


303ってこんなシーケンサーなんじゃないかな、
そのうちelectionと合わせたい。
大部分は下記のJSにて、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.11

朝日連峰&飯豊連峰連続縦走 2日目 人生初の岩魚釣り

心配していた大鳥から泡滝ダムまでの道のりもなんとかこなし、大鳥池タキタロウ山荘に着いた。
伝説の滝太郎に会うことを夢見て釣竿を持参したのだが、大鳥池には肝心の魚の気配がない。管理人曰く、水温上昇により深いところに潜ってしまっているとのことで、延べ竿しか持っていない自分にはなすすべもなく、2日目は1日釣りに充てるつもりだったが、その予定を変更して山登りを始めることとした。
幸いなことに朝日連峰は山小屋が短い間隔である。狐穴小屋か竜門小屋に泊まるつもりで2日目は気ままに歩くことにした。

028

朝1時半に起きる。朝食は袋麺で塩ラーメン。
予定変更して歩くことにしたが、早朝少し釣りをすることに決めていた。
それでも、あまりに早い起床。まさか滝太郎に会えると思っているのだろうか?自分でも信じられないが、期待に目が覚めてしまったのかもしれない。
釣果は2匹で、残念ながら、大鳥池ではなくダム下の滝壺。 大鳥池ではウンともスンとも言わず時が過ぎるだけだった。

029

大鳥池の周りは餌が乏しく、ミミズを2匹しか手に入れることができなかった。
その貴重な餌で釣り上げた2匹目の美しい岩魚。
あまり釣りをしない自分にとって、おそらく初の岩魚である。

030

記念品。
なぜ雑魚釣りなのでしょうか?単純に”漁”ではないということか、自然公園法に関連することか、なんだろう。

031

釣りを堪能したため、遅出。確か6時ごろだったと思う。
これから登る以東岳。山頂肩に建設中の以東避難小屋が朝日に光り輝いている。

032

別に急ぐ予定でもないけれど、直登コースを選んだ。
山頂まで2時間40分かけてゆっくり登る。それでも尾根コースより早い。

033

1200m付近。大鳥池が熊の皮を剥いだような形に見えるところ。
左側の沢に雪渓が見えて興奮する。

034

以東岳山頂はまだまだ。

035

山頂。 樹林帯を抜けてからは思いの外長かった。
建設中の以東避難小屋を過ぎると狐穴小屋の管理人さんとすれ違う。
「今日はどこまで?」
とっさに弱気に「狐穴小屋まで、、」
「ジュースは300円で売ってください。」
「あ、はい。」
なるほど、そういうシステムか、

037

038

朝露で濡れた靴を乾かすために休憩。
どうやら、流れる雲は山頂だけを避けているようだ。

039

静かな山頂を後にする。 雲は流れ、花が可愛らしげに揺れる。

040

これから行く道と記念撮影。 これから山旅の始まりを喜ぶ。

042

はるか先に狐穴小屋を確認する。
そこまでの道のりは雄大な尾根道。
遠くの笹原を風が駆け抜け、くさび形の足跡が銀色に輝く。
風は時折巻いているようで、そのくさびが急に向きを変える。何か見えない生き物が、空で遊んでいるようだった。

043

044

045

047

049

急ぐ旅ではないから、美しい花を見つけては撮影していた。

046

そんな歩き方だったから、重い建材を背負った狐穴小屋の管理人さんにすぐに抜かれてしまった。 建設中の以東小屋にヘリで建材を上げてもらっていたようだ。

054

055

056

美しくって、静か。ただただ、いい。

059

062

そうこうしているうちに狐穴小屋に到着。 コーラを購入してベンチで一気に飲み干す。 管理人さんに宿泊者限定で利用出来る”風呂”を勧められる。

063

061

小屋から少し行った先にあるというその風呂は小さな水溜りで、氷水かと思うほどの冷たさだった。 ただ、火照った体にはとてつもなく気持ちがよかった。

064

069

この日、小屋の宿泊者は自分を合わせて5人と少ない。女性2人パーティと男性単独者2人。 雲に隠れる以東岳を懐かしみ夕暮れを過ごしたり、出身地や、下界のこと、この先の道について話しながら夜を迎えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.18

朝日連峰&飯豊連峰連続縦走 1日目

5月の大峰奥駈道の敗退からしばらくして、長期山旅のリベンジとして、朝日連峰と、飯豊連峰の連続縦走を思い立った。
下調べの段階から連続縦走の情報があまり見当たらなかった為、交通機関情報の要約は別途最後にまとめようと思う。
尚、日程の関係から今回は飯豊北部は省略している。これは誠に残念なことだが、、

001

バスタ新宿に変わって初めての利用となる。
西口にあった当時は狭かった待合室も広々して、幾分椅子が増えた。ちょっと待てば座れるので良くなったと言っていいのか、

002

バスは新宿で満員。
しかし予定どうり停車地に停まるのですね。
三列シートだけど良く眠れず鶴岡まで行く。

003

定刻通り鶴岡に到着。
新宿からの便は到着が早いので大鳥行きのバスまで時間があります。 駅から500mぐらい南下したところにあるファミマで朝食をとる。

004

005

バスの始発地はエスモールという商業施設の裏手にあります。
ちょっとわかりづらい場所ですが、高速バスの下車場所からは近いところにあります。
踏切を挟んでセブンイレブンもあるので、朝食はそこの方が近くて良いです。

007

今回の荷物は水無で12kg。食料が多い。

009

バスには登山者が3名。いずれも60L級ザックの強者。
まだ見えぬ朝日連峰を車窓に探す自分がいます。

010

自分以外の登山者は「庁舎前」で降りてタクシーに乗り換えていきました。
シーズン限定の乗り合いタクシーです。
大鳥から泡滝までのダート林道を行くもので、HPには定額のように書いてありましたが、乗り合い人数が不確定で、満額払うのか、分割されるのか分からない為、自分は歩くことにしました。
この終点の朝日屋から10kmほど登山道まで歩きます。

011

到着が9時なので当然滝太郎館はやっていません。
釣り具を持参したので、滝太郎に会えるのは大鳥池タキタロウ山荘に着いてからか、翌日になります。
もっとも、釣れればですが、

012

013

014

岩手の家屋にも似た味わいのある集落を抜けます。

015

途中山道入り口あり

016

017

018

50分程度で発電関連施設にたどり着き、ダート林道に入ります。
ダート林道区間に水場は1っ箇所。岩壁から滴る清水がありました。
泡滝登山口から水場までは1時間。ダート林道区間の所要時間は2時間20分でしたから、+1時間水が乏しい行程です。 自分は500mlしか持って行かず苦しい思いをしました。

019

やっと泡滝ダムです。
ここまで永遠と林道。

020

021

022

泡滝ダムからは沢沿いを行く山道。
途中2度ほど吊橋があり、その後に九十九折の登りが最後だけあります。

024

大鳥池タキタロウ山荘。
かなり大きくきれい。当日は20名ほど宿泊。
団体が3つぐらいで、そのうち学生さんが1パーティーいました。
朝日は稜線に上がると全て小屋泊になるので、団体さんと日程がかぶらないか気になるところです。

023

テン場は広くフラットで虫も少ない良い場所でした。湿気も少なく、雰囲気も最高なので、テン泊がオススメです。

025

026

テン泊専用のトイレはテン場より一段上がったところにあり、綺麗です。匂いは少しありました。

027

とても質素な夕食を食べて明日に備えます。
夜はダムの滝が近いせいか、動物の足音も聞こえず深い眠りにつきました。 地面がフラットなのと、苔が生えているのとで、本当に快適な一夜で1日目を終了しました。


01

1日目の行程地図
大鳥 9:00 - 大鳥池タキタロウ山荘 14:30着

保存保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.20

奥秩父2泊3日

_DSC0002


春先に大峰奥駆道を体調不良で途中断念してから自信を失い、山に入っていなかったのですが、
1日の行動距離を10km程度に設計して山旅に出ることにしました。
場所は甲武信岳周辺。
埼玉側の川又バス停を起点終点に、雁道場を通って雁坂小屋、奥秩父主脈縦走路で甲武信小屋 - 十文字小屋、十文字小屋から白泰山を通り川又と帰ってくるルート。

_DSC0001


距離は短いものの、上下の起伏が激しくきつかったが、日頃のランニングのせいか、足は全く余裕だった。
また、いつもの頭痛は初日に夜まで出たものの、2日目は水分、塩分、糖分の摂取が適切だったのか、快適な夜を過ごした。
十文字小屋ではそんな万全の体調であったので、夜は半身を出して無音の世界を堪能しながら星空を独り占めにした。

保存保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.02

Elektron Monomachine

DSC_7975




先日購入したMachinedrumの隣にあるのは、こちらも特別価格になっていたMonomachine。
双方、若干操作方法に違いがあるものの、噂どうりよくできた製品。
取説のイントロダクションを読むと、製品に自信があることが伺えて羨ましい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.26

Elektron

DSC_7974



15年の長きにわたる製品生命を終えたElektronのMachinedrum。その最終ロットがスペシャル価格になっていたので、記念に購入した。
音楽制作はとうの昔に止めたのですが、素晴らしいプロダクトデザイン、システム、コンセプトに買わずにはいられなかった。

仕事でこう言った製品に携わりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.11

ジャガイモ発芽

3月16日に植え付けたジャガイモの発芽を確認。例年通り。
数個まだ発芽していない様子。

他の花や、野菜も例年通り。イチゴだけはいい場所に植え替えたので、大きい株になり、すでに花が咲いている。

Dvc00001

Dvc00007

Dvc00010

Dvc00011

Dvc00012

Dvc00013

畑仕事の最後に、先日購入したテントを試し張りしてみた。
アライテントのエアライズより軽い耐風性の高いモデルを探して、熟慮の末、イギリスのメーカであるテラノバ社のテントを購入した。
1ポールの特殊な形状で、反自立。ペグ数は6。前室は十分な広さがあり、この点がエアライズよりかなり優れている。張る面積はその分大きい。
収納袋は大きめのもので一つ。これはきっと網の袋に変えてしまうだろう。
あと、初めて税関から赤札を受けた。いやはや、ショック。

Dvc00014

Dvc00018

Dvc00022

Dvc00016

Img_0814

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.06

速度メーターのデザイン

Photo

先日、戦闘機のHUDを作ってみた流れで自動車のメーターをデザインしてみた。
昨今はディスプレイの形状が自由になることから、自動車のメーターも液晶化されているものが多い。
モードによって変えられる点で、ユーザーに訴求できそうで、仕事として増えそうな分野だ。
苦労した部分は、やはりアイコン。業界統一のアウトラインデータがあるはずだと探したが見つからず、仕方なく作った。カメラも、医療もこういうのはいつもめんどくさい。どっかにまとめておこうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.12

ジャガイモ植え

今年で7年となる畑ですが、長くやってくるといつ何をやるかというのが決まります。
今週はジャガイモの植え付けですので、先週は冬野菜の撤去をしました。(先週の写真↓)

 

Dvc00040

Dvc00041

体幹トレーニングをしているからかもしれませんが、まんのうの使い方も上手くなったように感じます。
耕したのは1年ぶりで、この時期しかしなくなりました。そんなに耕すことって、必要ないんですよね。
今年耕して気づいたことは、ミミズの多さです。彼らがいるというのは心強いものです。


そして、今日、北側に2本溝を切り、種ジャガイモを植え付けました。
配置は交互で、17個。購入は確か例年通り500g。250円だったかな。種類はもちろんアンデスレッド。
そのうち、2つだけ大きかったので、焚き火をして灰を作り、2つにカットしました。

Dvc00046

少々広いのですが、アンデスレッドは葉の成長が良いのでこれぐらい必要です。


Dvc00047

南側には先週撤去して乾かしておいた赤ネギを一列植え付けました。 今回はだいぶ深く溝を切ったつもりです。また、間隔も密にしています。今年のネギは太く育てられなかったので、少し工夫が必要かもしれません。

花壇にはクロッカスが咲いていました。
クロッカスは可愛いので好きなのですが、切り花には向きません。一つだけ持ち帰りましたが短いのですよね。例年畑にいるとき楽しむ花です。

Dvc00048

Dvc00049




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.01

プロトタイプ

Test_2

提案資料内にプロトタイプも入れ込み時短を目論む。
日本の会社で働いている以上、あんまり意味ないけど、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.20

HTML slide

Slidehtml

いくつかある会議室では出力がTVだったり、プロジェクタだったり、メーカーも型も、まちまちである。 困ったことに読ませたい文字やイラストが枠外に出てしまってプレゼン内容が伝わらないなんてことも考えられる。その都度事前に作り変えていたのでは高コストなので、可変レイアウトになるよう、HTMLでプレゼンのスライドをこしらえた。これを叩きとして、機能アップを目指す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.19

blenderでコンセプト画像

2016021903915

時間を忘れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.12

illustratorデータをBlenderで3Dにする

イラレにも3D機能はあるのだが、もう少し自由度が欲しい場合はどうしても3Dソフトが必要になってくる。
シルエットだけは慣れたイラレで作成し、3D化は3Dソフトで行うような行程が理想だ。Blenderは無料のオープンソースだから、そんな要望には最適だろう。

BlenderにはSVG形式が読み込めるので、SVGで画像を書き出す。

001

Blenderを立ち上げ、初期オブジェクトを削除したのち、出力したSVGを読み込む。

002

003

004

005

読み込みサイズはだいぶ小さい。イラレ上で、1500*1500で作ったものでもこのように小さい。
初期オブジェクトの立方体を消さないと、確実に立方体の中に隠れてしまうので、注意が必要だ。
初めて読み込んだ時、削除していなくて、数分迷った。

006

真っ黒で、立体にしてもよくわからないので、色をつける。

007

右ペインのメニューから、ジオメトリで厚みを出す。

008

alt+cで、メッシュに変換する。

009

しかしまぁ、面の分割が汚いようだ、ここら辺はまた後で調べるとしよう。

010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.31

ハイキングの調理システム

軽量化を重視しつつ、燃料がなくなった時のことを考えて焚き火台を持っていくと安心感が増す。
普段は五徳に使っておいて無駄にはならないし、
悩むのは燃料を固形か、アルコールどちらにするかだ。
この燃料選択には答えが見出せないでいる。
今日、それぞれで湯沸かしを試してみたところ、アルコールの方が圧倒的に火力と燃費が良く、優れているように思えた。
ラーメンの具材を入れたところで、衰えない火力は魅力だ。
ただ、やっぱりかさばるね、固形燃料の方がシンプルだ。

_dsc0033

_dsc0035

_dsc0037

_dsc0040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.23

illustrator javascript 複数ページのテンプレートを自動生成

早く帰りたいので、単純作業は極力やりたくありません。
しかしながら、UIの仕様に関しては、なかなか決まらないこともたまにあり、提案資料を何度か作ることがあります。
仕事の内容を分析してみると、

1、デザイン
2、提案
3、納品

大きくこのようになります。
納品時にも、仕様を技術者に説明するための資料や、デザイン再現性の折半に提案資料を作ることがあります。
これらの業務をほぼillustrator一つで完結できるよう心がけています。
しかし、illustratorのアートボードは複数のページを持った書類を作るために存在するのではなく、
様々な形式の書類をまとめてデザインするための機能という位置付けだとかで、
ページ番号の自動割り当て等の機能はありません。(見つけられなかった。)

今までは、すべてのアートボードにペーストを使っていたのですが、番号は自分で書き換えなければなりません。高度なプロ向けソフトでは、デザインに言及する部分が多岐にわたり、ページ数が増大します。
つい先日、60ページを越す資料を作成した際、もう2度とやらない。そう決めました。

そして作成したのが、以下です。



以下のようなオブジェクトをアートボードに自動生成してくれます。

Doc



ドキュメントの新規作成は自分でやる必要があり、
枚数、プロジェクタのサイズを調べて、画角を決めます。

001



jsxを実行すると、レイヤーを自動生成して、オブジェクトを入れてくれます。

002

003



早く帰ろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.19

illustrator cc2015 オブジェクトごとにPNG書き出し。

月額随時更新サービスになってから所々バグが発見されるイラレですが、それでも使わなければ仕事になりません。

今回は、久しぶりに画像パーツを納品する必要があって、切り出しというつまらない作業をすることとなったのですが、パーツ点数が約160個と微妙に手作業範囲内だったので、イラレの既存機能を使用することにしました。

素材は正方形をソフト側で9分割に抽出してくれるシステムなので状態別にパーツを所定の間隔で並べました。その上に切り出し範囲の矩形を敷いて、

オブジェクト>スライス>作成

と自動スライス作成すると、160個の矩形をしっかりトレースしてくれません。
最後の方にどうしてもずれてしまいます。
仕方ないので、スライスの編集ツールがあるはずだということで、ツールバーのスライスアイコンを長押ししても、格納されているアイコンは出ず。。。

このように、

(1)スライス精度が悪い。
(2)ツールバーの追加機能が出ず、スライスの編集ができない。(Windows版のみ確認)

二つのバグによって簡単にできる思惑は崩れてしまいました。
(後、有益なエクステンションもcc2015に対応してなくて手詰まり感。)
仕方がないので、いつもの通り作ったのが、下記になります。
切り出し領域をのちに変更する可能性があることから、切り出し範囲指定ように「area」レイヤーを必要としています。そこに任意の範囲の矩形を敷くわけですが、切り出し名はその矩形のオブジェクト名を参照するようにしています。注意点としては、実行前にareaレイヤーは非表示にしておくことです。
便利な点は範囲の重なりができること、個別と、全体が一度にできます。範囲指定を別にしている利点ですね。

個別出しの参考に下記のサイトを見ました。

[Illustrator] JavaScriptで指定した領域をエクスポートする

アートボードの範囲しか書き出せないのは融通がきかないですね。。。

このような、月額制サービスですが、意外に歴史は古く、最盛期のCTで、GEが開発したサービスのようです。(初かどうかは??)確かに2,3億の機器が頻繁に機種変されたら困る話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.03

初登り

20160102

Dvc00053

Dvc00056

Dvc00059

Dvc00062

Dvc00064

Dvc00066

Dvc00070

今年の初登りは破線ルートを目指して大築山、小築山の尾根に向かった。
通常は北上ルートをとるので白石峠から南を目指すのが新鮮な気分だった。
大野峠手前までは車道だったが、その後は刈場坂峠まで明るい尾根道を気持ち良く歩いたり走ったりする。 ちょうど行動時間が2時間経った頃、お腹が空いて、チョココロネを食す。美味い!!
飯盛峠に着くと、旧飯盛山まで行かずに道標脇のガードレールから大平尾根に接続できる。
新し目のオフ車の轍が深くついており、足のやり場に困る。気をつけながら駆け下りると一旦車道に接続するが、すぐに復帰できる。
飯盛峠からは地理院地図を見ていたが、このような復帰ルートはなく、山と高原地図には書かれていた。
復帰後、しばらくすると分岐が現れる。その手前で小ピークを南側にそれるのだけど境界通り標高点・683に行こうかと思うが、何かの糞の山に出くわし怖くなってルートに復帰した。
まさかこの山域で熊はいないだろうけど・・・。
分岐を左に進むと大築山までの尾根道となる。
左折後すぐ地理院地図では尾根の東側を通過しているが、実際のルートは境界線をたどっている。そのまま直進することもできるが、急登手前で地理院地図通りのルートに右折できる。ここは直進への踏み跡が強く、間違うところだ。でも、ちょっと先で合流しているから直進でも問題なかった。
その後、境界線から離れ、尾根を南東に巻く。馬場、硯水と、ここが下り道で非常に気持ち良く走れたが、作業道が多く、一度間違ってしまう。猿岩峠まで左折しかしないと考えていると間違うことになる。
ここは親切な黄色テープを頼りにするといい。
大築山手前に見晴台があり、今来た尾根と大平尾根を見返すことができる。
大築山には名の由来が書かれた標があり、正面にその目標である慈光寺を眺めることができる。
ここから戦略を立てたのかな。
小築山はモミの大木がいくつか林立している。この植林地では珍しい。
小築山からは目的の破線ルートだが、拍子抜けした。ただの登山道だった。なんの問題もなく車道まで駆け抜けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.02

登り納め

Dvc00047

Dvc00029

Dvc00032

Dvc00033

Dvc00035

Dvc00052

2015年12月30日
30kmコース。
霜柱を踏みしめながら冷たい空気を吸い込む。
刺すような空気がどこまでも透明で、スカイツリーがくっきりと見えていた。
おかしなことに、都心のビル群の先に陸地が見えた。
東京の先は海だろうに。。。もしかした伊豆半島??
自宅に帰ってGoogleMAPで調べてみると、なんと千葉。
まさか埼玉から千葉が見えるとは思いもしなくて、おかしなことを想像してしまった。
来年は読図と方向の確認を常にやると誓った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.26

真の高性能ソフトウエアに携わりたい。

Uif_1920

仕事ではそれまでの慣習や、しがらみがあってなかなか新しいこともできない。
開発陣はこれまでの保守で、リソースがない。
なんとか理詰めで提案を通し満足は得られるが、俯瞰して見ると、虫の一歩ぐらいの進歩である。
なんとか値段相応の機能と操作性を提供したい。そんな欲求不満をスケッチにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.21

UIウィジット

20151220235350



高機能ソフトウェアのデザインをして感じるのは、ウィジットがアドビのソフトに収斂していくこと。
高機能であるがために多くのウィジットが画面を覆い、次第に情報を認識するのに時間がかかるようになる。そのため、極力グラフィックを削ぎ落としたウィジットに仕上がる。
今回のphotoshopのデザインなんかは、そんな傾向から注目している。
デザイナから見ると、違和感ないけれども、自分が担当するユーザーの感覚からするとどうなんだろうか? 注意深く観察する必要がある。

20151221_01325

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Baregrip 200